ニュース

富士通、一体型PCのESPRIMOにSkylake搭載最上位機を投入

ESPRIMO「FH77/XD」

 富士通株式会社は18日、FMVブランドの2016年春モデルを発表した。デスクトップPCでは一体型で23型フルHDの「ESPRIMO FHシリーズ」の更新を行ない、新たに2機種を投入。Skylakeの搭載など、ラインナップの強化を図っている。

 今回新しく追加されたのは「FH77/XD」と「FH53/XD」の2モデルで、デザインは従来製品を踏襲。前者はESPRIMO FHシリーズの最上位に、後者は中位に位置する。下位モデルには2015年冬モデルの「FH52/W」が据え置かれる形だ。両製品とも発売日は1月22日で、価格はオープンプライス。税別店頭予想価格はFH77/XDが23万円弱、FH53/XDが18万円強の見込み。

 それぞれPioneer製ハイレゾスピーカーや3波対応TVチューナを搭載。SeeQVaultもサポートし、録画したデータを別の機器に書き出しての視聴が可能。FH77/XDは初のUSB Type-Cコネクタ採用モデルとなるが、接続バスはUSB 3.0と同等なので、USB 3.1による高速転送などには非対応。

 FH77/XDの主な仕様は、CPUがCore i7-6700T(2.8GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ8GB、2TB HDD、BDXLドライブ、23型フルHD(1,920×1,080ドット)液晶ディスプレイ、地上デジタル/BS/110度CS対応TVチューナ、OSはWindows 10 Home、Office Home & Business Premium プラス Office 365サービスが付属。本体色はブラックのみ。

 インターフェイスは、USB 3.0×5(1基はType-C)、USB 2.0、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n/ac無線LAN、Bluetooth 4.1、92万画素Webカメラ、音声入出力などを備える。

 一方のFH53/XDの主な仕様は、CPUがCeleron 2950M(2GHz、同)、メモリ4GB、HDD 1TB、DVDスーパーマルチドライブ、Office Personal Premium プラス Office 365サービスが付属。それ以外はFH77/XDと同様。こちらも本体色はブラックのみ。

 インターフェイスは、USB 3.0×4、USB 2.0×2、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0、92万画素Webカメラ、音声入出力などを装備。

 本体サイズは共通で、544×158〜229×395〜418mm(幅×奥行き×高さ)。重量はFH77/XDが約7.2kg、FH53/XDが約6.9kg。両製品ともワイヤレスキーボードとワイヤレスマウス、赤外線リモコンが付属している。

(中村 真司)