ニュース

日本マイクロソフト、AES暗号化対応の無線キーボード/マウスセット2種

Wireless Desktop 900

 日本マイクロソフト株式会社は、AES暗号化通信に対応した無線キーボードとマウスのセット「Wireless Desktop 900」、「Wireless Desktop 3050」を1月15日に発売する。価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格は前者が4,980円前後、6,480円前後の見込み。

 AES暗号化対応の無線通信を採用。製造段階で受信機と恒久的に関連付けられ、解読に必要なキーにアクセスできないようファームウェアを開発。パスワードやクレジットカード番号など、重要な情報の流出リスクを最小限に抑え、個人のみならず法人需要も見込む。

 Wireless Desktop 900は静音キーのキーボードと、光学式センサー搭載マウスを採用したモデル。キー配列は日本語109で、マウスの解像度は1,000dpi。対応OSはWindows 7/8/8.1/10、およびMac OS X 10.3〜10.10.3。本体サイズおよび重量(電池込み)は、キーボードが424×155×28.2mm(幅×奥行き×高さ)/517g、マウスが63.1×113×44.1mm(同)/72.5g。

 Wireless Desktop 3050はパームレスト付きキーボードと、BlueTrackセンサー搭載マウスを採用したモデル。キー配列は日本語109で、マウス解像度は988dpi。対応OSはWindows 7/8/10、およびMac OS X 10.4.x〜10.10。本体サイズおよび重量(電池込み)は、キーボードが467×199×44.3mm(同)/829g、マウスが70.25×116.7×42.2mm(同)/152g。

Wireless Desktop 3050

(劉 尭)