ニュース

テックウインド、真の省スペースを実現する「キーボードPC」

〜Windows 10を搭載

 テックウインド株式会社は、キーボード+タッチパッドにPC機能を内蔵した「キーボードPC」を2016年1月に発売する。価格は2万円台の見込み。

 キーボードの中にPCを一体化させたもので、キーボードに電源と液晶へのケーブルを接続すれば利用できる。スペースキーとカーソルキーの間に小型のタッチパッドを内蔵しており、真の省スペース化を実現する。ファンレスとなっており、静音性に優れる。

 キーボードはフルサイズの日本語86キー配列。内蔵されるPCの主な仕様は、CPUがAtom Z3735F(1.33GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリが2GB(DDR3L)、ストレージが32GB、OSがWindows 10 Home。

 インターフェイスはUSB 2.0×2、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、microSDカードスロット、Ethernet、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0+LE、音声入出力を備える。

 本体サイズは287×125×26.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約288g。本体色は白または黒。電源は5V/2AのACアダプタを利用するため、工夫すればモバイルバッテリでの駆動も可能と見られる。

本体背面
接続イメージ

(劉 尭)