ニュース

Arca Noae、IBM OS/2の正統後継「Blue Lion」を2016年第3四半期にリリースへ

〜個人向けにも安価なサブスクリプションモデルで提供予定

 OS/2オペレーティングシステム向けのソフトウェアやドライバ、サービスなどを開発するArca Noaeは、OS/2の正統後継となるOS「Blue Lion」プロジェクトを立ち上げ、2016年第3四半期のリリースに向けて活動している。

 OS/2は元々MS-DOSの後継としてIBMとMicrosoftが共同開発したOS。Microsoftはその後OS/2の開発プロジェクトから手を引きWindows NTの開発に専念したため、バージョン1.2以降はIBMだけが開発を進めていた。プリエンプティブマルチタスクを実現し、高い安定性を持ちながら、Windowsアプリが動く互換性を持つのが特徴とされていた。

 2002年にOS/2 Warp 4.52をリリースして以降、IBMは開発を終了。現在ではIBMからOEMライセンスを受けたMensysが「eComStation」というOSを発売している。最新版は2.1で、これは2011年5月にリリースされたものである。

 さて、このBlue Lionだが、IBMがリリースしたOS/2 Warp 4.52 Merlin Convenience Package 2をベース開発される予定。Blue Lionの開発に当たって、IBMからライセンスを受けパートナーシップを結んでいる。

 この上で、まずシンメトリカル・マルチプロセッシング(SMP)をサポート。Arca Noaeのサブスクリプションサービスのもと、ソフトウェアやドライバスイートなどを提供する予定。加えて、OSに対していくつかの修正や拡張が行なわれ、ネットワーククライアント機能として、Samba 4およびKerberos認証に対応。SNAPアクセラレーテッドビデオドライバなどを実装。これにより、個人および企業などで使われているOS/2やeComStationの古いハードウェアを現代的なものに置き換えられるようになる。

 Blue Lionは16bitのWindowsアプリをフルにサポートするが、現代的なアプリは当然32bitまたは64bitであり、Arca Noaeも不足を認識している。そこでOdinという仕組みを使い、一部の32bitアプリをサポートする。さらにVirtualBoxを搭載しているため、Windowsを仮想化すれば、基本的なアプリは動作するとしている。

 価格については未定としながらも、個人および商用の両方で、サブスクリプションモデルを採用する予定。このうち個人については、現在市場にあるOSが基本的にフリーであるということを踏まえ、十分競争力のあるOSになると認識した上で、“アグレッシブな価格設定にする予定”としている。

 そもそもOS/2は現代に通用できるOSなのかという質問もあろうが、Arca Noaeは、「普段目にすることは少ないが、稼働している。Arca NoaeのWebサイト自体も、eComStationサーバーがホストを担っており、OS/2向けにポーティングされたApacheサーバーが動作している。メールシステムはStalker Software製のCommunigate Pro、FTPサービスもオープンソースのものを利用している」という。

(劉 尭)