ニュース

Windows 10インストール用イメージもBuild 10586に差し替わる

〜7/8/8.1のプロダクトキーでクリーンインストール/アクティベーション可能

 既報の通り、Windows 10発売後初となるメジャーアップデートが正式にリリースされた。これに伴い、Windows 10のインストールをUSBメモリまたはDVDから行なうためのメディア作成ツールからダウンロードできるWindows 10のインストールイメージも、最新のBuild 10586に置き換わった。

 Windows 10のインストールイメージは、公式ツール「MediaCreationTool.exe」を使うことでMicrosoftからダウンロードでき、USBメモリまたはDVDを作成できるのだが、このツール自体、およびダウンロードされるイメージ両方が、バージョン10.0.10586.0になっていることを編集部で確認した。

 これにより、最新版のWindows 10を直接インストールできる。加えて、Windows 7/8/8.1からのアップグレード時は、これらのOSをいったんインストールしてアクティベーションする必要がなくなり、7/8/8.1のプロダクトキーを使ってWindows 10をインストールすることが可能になった。

【15時50分訂正】記事初出時、プロダクトIDとしておりましたが、正しくはプロダクトキーです。お詫びして訂正します。

(劉 尭)