ニュース

エレコム、人差し指で操作する高機能トラックボール

〜のせ心地にこだわった同社親指操作モデルの兄弟機

ワイヤレスモデル「M-DT1DRBK」

 エレコム株式会社は、先月(10月)に発表した“のせ心地”を重視したという親指操作タイプのトラックボール「EX-G」シリーズに続き、人差し指操作タイプのトラックボール「DEFT」シリーズを11月下旬に発売する。

 2.4GHz帯の無線を利用し、約10mの距離内で使用可能なワイヤレスモデル「M-DT1DRBK」と、USB有線モデルの「M-DT1URBK」をラインナップし、価格は順に12,085円、10,152円。

 手の平に接触する骨格と筋肉に着目して設計したというのせ心地にこだわった設計や、支持球に直径2.5mmの人工ルビーを採用。ゲーミンググレードの高性能光学式センサーを搭載していることなど、あらゆる点でEX-Gと共通の特徴を備えており、形状が変わった兄弟機という存在になっている。ただし、DEFTには左利き用のモデルが用意されていない。

 搭載ボタンは、左/右クリック、チルトホイール、戻る/進むボタン、そして3つの機能割り当て用ボタンから成るが、左クリックとホイールを全て親指で操作するところが標準的なトラックボールと異なる。それぞれのボタンの配置は、Windows用ユーティリティのエレコムマウスアシスタントで変更可能。センサーの感度は750/1,500dpiの2段階に設定でき、切り換え用の物理スイッチを備えている。

 ワイヤレスモデルは単3形電池1本で動作し、電池の消費を抑えるローエナジーモードで使用した場合の連続動作時間は約125時間、トラッキング速度を重視したハイスピードモードでは約76時間動作。それぞれの想定使用可能日数は約273日、約176日。

 ワイヤレスモデルの本体サイズは94.7×124.4×47.9mm(幅×奥行き×高さ)、付属のUSBレシーバは13.1×18.2×5mm(同)。重量は約112g(電池含まず)と約2g。有線モデルはワイヤレスモデルと同サイズで同重量だが、重量には1.5mのUSBケーブルが含まれている。

真上
左側面
右側面
斜め
有線モデル「M-DT1URBK」

(中村 真司)