ニュース

Synology、4Kリアルタイム変換エンジンを搭載したNASキットなど

DiskStation DS216play

 株式会社アスクは、Synology製の2〜4ベイNASキット「DiskStation DS216play」、「同DS216se」、「同DS416」を10月15日に発売する。税別店頭予想価格は順に3万円台後半、2万円第前半、7万円台後半の見込み。

 DS216シリーズは2ベイの家庭〜小規模オフィス向け、DS416は4ベイで中規模ビジネス向けのNAS。このうちDS216playは、リアルタイムで4K Ultra HD(3,840×2,160ドット)のビデオコード変換が行なえるハードウェアエンジンを搭載。H.265 HEVCコーデックもサポートしており、DLNAを利用して内蔵コンテンツのストリーミング配信に適している。

 一方でDS416は、フェールオーバーおよびリンクアグリゲーションに対応したGigabit Ethernetを2基装備。リンクアグリゲーション利用時はリード221.05MB/sec以上、ライト139.51Mb/secの転送が可能。USB 3.0ポートも3基備えており、外部HDDで容量拡張できる。

 いずれもブラウザベースの独自OS「Disk Station Manager」(DSM)を搭載し、管理やバックアップ、ファイル共有などを容易に利用できる。Synologyパッケージセンターから、個人およびビジネス向けに設計された専用アプリケーションをインストールして利用することも可能。iOSやAndroidデバイス向けの専用アプリも利用できる。ネットワークカメラのサーバーとしての運用も可能。

 DS216playの主な仕様は、プロセッサがSTM STiH412(1.5GHzデュアルコア)、メモリ1GBなどを装備。インターフェイスは、USB 3.0、USB 2.0、Gigabit Ethernet。IPカメラは最大15台までサポートし、H.264形式では450fps/720pの解像度まで対応できる。最大ユーザーアカウント数は2,048、最大同時接続数は256。本体サイズは100×225.5×165mm(幅×奥行き×高さ)、重量は0.88kg。

 DS216seの主な仕様は、プロセッサがMarvell Armada 370(800MHz)、メモリ256MB。インターフェイスはUSB 2.0×2、Gigabit Ethernet、IPカメラは最大5台までサポートし、H.264形式では50fps/720pの解像度まで対応できる。最大ユーザーアカウント数は512、最大同時接続数は64。本体サイズは100×225.5×165mm(同)、重量は0.87kg。

 DS416の主な仕様は、プロセッサがAnnapuma Labs Alpine AL-212(1.4GHzデュアルコア)、メモリ1GB。インターフェイスはUSB 3.0×3、Gigabit Ethernet×2。IPカメラは最大25台までサポートし、H.264形式では750fps/720pの解像度まで対応できる。最大ユーザーアカウント数は2,048、最大同時接続数は256。本体サイズは203×233.2×165mm(同)、重量は2.04kg。

DiskStation DS216se
DiskStation DS416

(劉 尭)