ニュース

太陽誘電、光記録メディア事業から撤退

〜2015年12月末で製品販売を終了、「That's」ブランドも

「That's」ブランドの太陽誘電製DVD-R

 太陽誘電株式会社は6月11日、光記録メディア事業からの撤退を発表した。

 同社は1988年以来、CD-R、DVD-R、BD-Rなどの光記録メディアの製造事業を行なってきた。

 撤退の理由として、HDDの大容量化やクラウドコンピューティングの普及に伴う、光記録メディア製品の市場縮小に際し、同社は原価低減の加速、生産性の向上などを進め収益性の改善に努めたものの、想定を超える市場の縮小、および原材料価格の高騰などの影響で撤退を決定したとしている。

 2015年12月末で光記録メディア製品の販売を終了する予定で、今後は電子部品や、同社の“成長戦略の要”としているスーパーハイエンド商品に経営資源を集中していくという。なお、光記録メディア事業からの撤退に伴う業績への影響については軽微としている。

 また、太陽誘電に製造を委託し「That's」ブランドで光記録メディア製品を販売している、株式会社スタート・ラボも、需要減少および急激な円安、太陽誘電の事業撤退により、2015年12月末に調達業務、2016年3月末に販売業務の終了を告知している。

(佐藤 岳大)