ニュース

CRYORIG、サイドフロー型CPUクーラー「H5 ULTIMATE」

〜「H5 UNIVERSAL」のファン強化モデル

H5 ULTIMATE

 CRYORIGは、サイドフロー型のCPUクーラー「H5 ULTIMATE」を発表した。株式会社ディラックより5月2日から発売される。税別店頭予想価格は6,500円前後の見込み。

 H5 ULTIMATEは、同社「H5 UNIVERSAL」の姉妹モデルで、140mm径の搭載ファンが13mm厚の「XT-140」から25.4mm厚の「XF-140」に変更。風量がアップし、冷却性能が向上した。また、対応TDPも160Wから180Wに変更されている。

 それ以外の部分はH5 UNIVERSALと同じで、空気の乱流を防ぎ直線的な風を送るハニカム構造のヒートシンク「Hive Fin Design」、デュアルタワー仕様のヒートシンクに匹敵する冷却効果を持つと言う「XL Surface Area」、ヒートパイプの位置を最適化することで冷却能力を最大限引き上げる「Heatpipe Convex-Align System」、クーラーの取り付けを簡単にする「Mutltisegクイックマウントシステム」などを踏襲する。

 材質はヒートシンクがアルミ製、ヒートパイプはニッケルコーティングを施した銅製で、太さ6mmのものを4本備える。ファンの厚みが増したため、背の高いメモリを使うと干渉が起きる可能性があり、メモリの高さ制限は30〜35mmとなっている。

 対応ソケットは、IntelがLGA775/1150/1155/1156/1366/2011/2011-3、AMDはAM2(+)/AM3(+)/FM1/FM2。本体サイズは143×98×168.3mm(幅×奥行き×高さ)、重量は920g(ファン含む)。ファンの主な仕様は、本体サイズは140×140×25.4mm(同)、重量は156g、回転数700〜1,300rpm、風量76CFM。保証期間は6年。

斜め
見下ろし
側面
背面
パッケージ、製品、付属品

(中村 真司)