ニュース

SteamOS搭載のゲーミングPC「Steam Machine」が11月に発売へ

〜家庭内でストリーミングプレイできる「Steam Link」も49.99ドル

ALIENWARE Steam Machine

 Valveは3日(現地時間)、独自のSteamOSを搭載したゲーミングPC「Steam Machine」を2015年11月に発売すると発表した。

 SteamOSは2013年9月に無償提供を発表され、同年10月にはこれを搭載したPCを投入すると公表し、プロトタイプを300台出荷。さらに2014年1月に開催されたInternational CES 2014で多数のモデルを展示し、2014年後半に投入するとしていた。

 デルはWindows 8.1をベースに独自の「Alpha UI」を搭載したSteam向けPC「ALIENWARE Alpha」を2014年末に投入したものの、OSの開発の遅れからか、結局Steam Machineそのものは2014年中に市販されなかった。

 今回、このSteam Machineの発売を2015年11月と定めた上で、具体的なメーカー名および一部製品の外観、さらに仕様の一部や価格までを公開した。

 トップを飾ったのはやはりデルの「ALIENWARE Steam Machine」で、価格は479.99ドルから。ALIENWARE Alphaと同様、Core i3/i5/i7から選択可能で、GeForce GTX GPUを搭載。メモリは4〜8GB、HDDは1TB/2TBとなっている。

 ASUSの「ROG GR85」は、ASUSお馴染みとなったゲーミングブランドから出ることになる。主な仕様は、CPUにCore i5/i7、メモリ4〜16GB、GeForce 9シリーズビデオカード、500GB/1TB HDDまたは128〜512GB SSDなどを搭載し、価格は699ドルから。

 このほか、GIGABYTEのIris Pro Graphics搭載の「BRIX Pro」(599ドル)や、ZOTACのGeForce GTX 970M搭載「Steam Machine SN970」(999ドル)などの超小型モデルを含め、計15社が投入を予定している。

ASUS ROG GR85
GIGABYTE BRIX Pro
ZOTAC Steam Machine SN970
ALTERNATE Steam Machine
Digital Storm Eclipse Steam Machine
Falcon Northwest Tiki Steam Machine
iBuyPower SBX
Maingear DRIFT
Materiel.net Steam Machine
NextBox
ORIGIN OMEGA Steam Machine
Scan 3XS ST Steam Machine
Syber Steam Machine
Webhallen S15-01

リビングのTVでゲームをスマートに楽しむ「Steam Link」

 これに加え、リビングのTVなどでPCゲームを楽しむためのセットトップボックス「Steam Link」も同時投入される。価格は49.99ドル。

 Steamには、CPU/GPU性能が強力なホストPC/Steam Machineでゲームを実行し、その画面をエンコードして、家庭内ネットワーク経由でストリーミング配信をし、処理能力が非力なゲストPCでもゲームを楽しむホームストリーミング機能を用意しているのだが、Steam Linkはその機能を活かした超小型のクライアントとなる。

 解像度は1,080pで、フレームレート60fpsを達成できる。ネットワークは有線またはIEEE 802.11acとなっている。それ以外の仕様は公開されていない。

 なお、アメリカで開かれているゲーム開発者向けカンファレンス「Game Developer Conference」では、ヘッドマウント型ディスプレイ「Steam VR」も発表されており、その詳細については僚誌GAME Watchの記事を参照されたい。

Steam Link
独自開発のSteam Controller

(劉 尭)