ニュース

レノボ、新Tinyシリーズ発表会で想定導入事例を紹介

〜ブランドマネージャー土居氏が4変化

ThinkCentre Tinyシリーズラインナップ

 レノボ・ジャパン株式会社は25日、超小型クライアントPC「ThinkCentre Tiny」シリーズの新製品発表会を開催した。

 Tinyシリーズは2004年に(IBMによって)発表された、容積6.4Lの小型フォームファクタクライアントの流れを汲む製品で、2012年に初代が投入され、2013年に第2世代になり、この度その第2世代がさらに進化した。詳細は関連記事を参照されたいが、BIOSレベルでのUSBポート管理機能などが追加されたほか、新たにBay Trail-D搭載の廉価なモデルが拡充された。

ThinkCentre M53 Tiny。外観はどのTinyも共通
背面。下から電源、DisplayPort、USB×2、ミニD-Sub15ピン、Ethernet、USB、無線LAN用アンテナ
右側面にLenovoロゴ
左側面に横置き用ゴム足

 Tinyは、その小型さから、発売当初は日本で特に好調で、同社の法人向けデスクトップの2割を占めるほどになった。これは、仕事環境が狭い日本では、ある程度想定できたことだが、翌年になるとアメリカやオーストラリアでも3割を超える急成長を見せた。これには、小ささよりも、周辺機器を充実させたことで、使い勝手が高いと評価されたのが要因だという。最近では、レノボの競合他社もこういった小型フォームファクタの法人向けPCを投入しているが、これについてレノボ・ジャパンThinkCentre製品担当の大谷光義氏は、この製品ジャンルの知名度が向上することに繋がり、むしろ営業がしやすくなったと、市場の活性化を歓迎した。

 併せて、Tinyシリーズを3ステップで収納できる23型液晶ディスプレイ「ThinkCentre Tiny-In-One 23」も新たに開発された。同製品は、単体でも液晶ディスプレイとして機能するが、背面にTinyシリーズを内蔵させることで、液晶一体型PCにもなる。

 大谷氏は、同製品の特徴について「液晶一体型製品の利便性をTinyとの組み合わせで強化したもの」と紹介。具体的には、本体を液晶に完全に収納できるので、電源ケーブル1本のみで運用できる一方で、製品寿命が異なるPCとディスプレイを別々に買い換えられるなどのメリットがある。また、過去のTinyシリーズも取り付けられるほか、光学ドライブを内蔵させたり、1本のセキュリティーケーブルでロックしたり、幅広い用途に対応できる。なお、Tinyの次世代製品もTiny-In-One 23に対応させる予定という。

レノボ・ジャパンThinkCentre製品担当の大谷光義氏
ThinkCentre Tiny-In-One 23の訴求点
Tinyを3ステップで収納可能
ThinkCentre Tiny-In-One 23
背面にTinyシリーズの収納スロット
Tinyを入れると、落として衝撃を与えないよう、中のスプリングでいったん止まる
押し込むと、きっちりはまる
インターフェイスと電源を繋ぐための、ボックスをスライドさせる。これによって、PCと液晶をDisplayPortで接続するとともに、電源を一元化し、ディスプレイにUSB Hub機能を提供している
あとはカバーを閉めるだけの3ステップ
左側面にはTiny用の光学ドライブも内蔵できる

 一般的な製品発表会では、製品のスペックや価格などの情報を前面に押し出すことが多いが、今回の発表会では、そういった情報はそこそこに、「業種別ソリューション」として、ThinkClient Brand Managerの土居憲太郎氏が登場し、自ら医師や紳士服店長、大学教授などに扮しつつ、想定される導入事例の紹介に多くの時間が割かれた。

 移動型カートや、壁掛けラックに内蔵させたり、店舗の外観をPCの筐体で損なわないようカウンターの隙間に収納させたりといったTinyシリーズの小型さを活かした提案や、セキュリティや運用性の高いリモートデスクトップクライアントとしても好適であるといったことが示された。

土居憲太郎氏4変化フォトギャラリー
医療現場での想定事例紹介ということで「レノボ病院」医師に扮する土居氏。心なし、白いものが増えたか?
米Ergotronの医療向け移動式カート
上のテーブルの中にTinyが入っている。台座部分には、液晶含め数時間駆動させられる鉛蓄電池も搭載
病院の通路などに設置するウォールマウント
キーボードは収納可能。開ける際にはカギかパスコードが必要
こちらは上部にTinyを収納している
医師が患者と対面する際は、タブレットが使われることも
店舗の事例紹介で「紳士服の土居」の店長に扮する土居氏。心なし、さらに日に焼けたか? おしゃれな店舗だと、無骨なPCをお客さんに見せたくないというニーズもあるとのことで、レジカウンターの狭いスペースにも収納できる小ささが求められる
タブレットをPOS端末として使うことも
開発現場の事例紹介で「レノボ重工」の部長に扮する土居氏。心なし、お腹周りが大きくなったか? このあたりから扮装にややネタ切れ感も
本来はサーバーは別の場所に設置するが、実際に稼働するサーバー・クライアント環境。リモートデスクトップにより、クライアントが非力でも3D CADを操れる。また、データをローカルに移動させないのでよりセキュアになる
教育向けソリューションということで「レノボ大学」教授に扮した土居氏。大学教授なのに、手に持っているのは国語の教科書ということで、心なし、扮しきれていない
大学も狭い机を有効活用するため小型の製品が好まれる
今後の商談にあたっては、Tiny本体、キーボード、マウス、Tiny-In-One 23を全てケースに収納して、分かりやすく小型さを見せつつ、全国の顧客を巡る予定という

(若杉 紀彦)