ニュース

ドスパラ、薄さ20mmのQuadro/3K液晶搭載モバイルワークステーション

〜ストレージはM.2 SSD×2台をRAID 0で搭載

「Raytrek QK2100HE」

 ドスパラは19日、“3K”を謳うWQHD+(2,880×1,620ドット)対応15.6型液晶とQuadro K2100Mを搭載したモバイルワークステーション「Raytrek QK2100HE」を発売した。税別価格は199,980円。

 390×266×20mm(幅×奥行き×高さ)、重量2kgの筐体に、Core i7-4710HQ(2.5GHz、ビデオ機能内蔵)、Quadro K2100M(2GB)、3K対応15.6型液晶を搭載。ストレージは、RAID 0を構築した2台の128GB M.2 SSDと、1TB HDDを搭載する。

 そのほかの仕様は、メモリ容量が8GB、OSがWindows 7 Home Premium(64bit)。インターフェイスはIEEE 802.11ac/a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0+HS、Gigabit Ethernet、Webカメラ、SDカードスロット、USB 3.0×3、Thunderbolt(Mini DisplayPort対応)、HDMI出力、音声入出力を備える。バッテリ駆動時間は約3.3時間。

(多和田 新也)