ニュース

AMD、初の4K動画デコーダ搭載GPU「Radeon R9 285」

〜GCNアーキテクチャも改良

「Radeon R9 285」

 米AMDは2日(現地時間)、初の4Kハードウェアデコーダおよび改良型のGraphics Core Next(GCN)アーキテクチャを採用したGPU「Radeon R9 285」を発表した。米国での価格は249ドル。国内でも9月5日より発売される。

 ストリーミングプロセッサ数は1,792基、コアクロックは最大918MHz、テクスチャユニット数は112基、ROP数は32基で、メモリは256bit幅5.5GHz駆動のGDDR5を2GB搭載し、演算性能は3.29TFLOPS。プロセスルールは28nmで、消費電力は190W。電源は6ピン×2を利用する。

 285は、型番上は280X/280より大きな数字の付くモデルだが、ストリーミングプロセッサ数は280と同じで、クロックは低く、メモリクロックは高いものの、インターフェイスは狭く、理論性能も280よりわずかに低い3.29TFLOPSなど、数値的な仕様上は必ずしも280シリーズより上位ではない。


285 280X 280
SP数 1,792 2,048 1,792
最大コアクロック 918MHz 1GHz 933MHz
演算性能 3.29TFLOPS 4.1TFLOPS 3.3TFLOPS
テクスチャユニット数 112 128 112
メモリインターフェイス 256bit 384bit 384bit
メモリ 2GB GDDR5 3GB GDDR5 3GB GDDR5
メモリクロック 5.5GHz 6GHz 5GHz

 ただし、280シリーズがRadeon HD 7000シリーズのリネームであると言われる一方で、285は最上位の290Xよりも新しい、改良型のGCNアーキテクチャを採用している。これにより、1クロックあたり4プリミティブ処理が可能となり、テッセレーション性能は280の2〜4倍に向上。フレームバッファの色圧縮対応により、メモリバンド幅の効率は4割改善。このほか、新しいGPU演算およびメディア処理向けの16bit浮動小数点および整数命令による低消費電力化、データ並列処理命令対応、改善された演算タスクスケジューリングなどが盛り込まれている。

テッセレーションの機能を強化
フレームバッファの色圧縮に対応
GeForce GTX 760との3DMark FireStrikeの比較
Battlefield 4の比較

 加えて、ハードウェア動画再生支援も改良され、GPUで初めて4K(H.264ハイプロファイル Level 5.2)映像のハードウェアデコードに対応。エンコーダも強化され、H.264 ベースラインおよびメインプロファイルに対応した。

4Kのハードウェアデコーダを初搭載。フルHDエンコーダも強化されている

 なお、同社は現在、同社製GPUを購入するとゲームが無料でもらえる「Never Settle Forever」キャンペーンをワールドワイドで実施している。285は、その「Radeon Gold Reward」の対象で、3本のゲームを入手できるが、今回その選択肢に、「Alien: Isolation」、「Star Citizen」を始めとする多数のゲームが追加され、29本から選べるようになった。

(若杉 紀彦)