ニュース

Intel、Bay Trail-M/DをC0ステッピングに刷新

〜クロック微増、QSVと乱数ジェネレータ対応に

写真はBay Trail-Tのダイ
会期:4月2日〜3日

会場:Sheraton Shenzhen Futian Hotel

 中国深センで開かれたIDF14 Shenzhenで、低価格モバイル向けSoC「Bay Trail-M」と低価格デスクトップ向けSoC「Bay Trail-D」に関するアップデートが行なわれ、これまでのB2/B3ステッピングに代わり、C0ステッピングを出荷することが明らかになった。

 Bay Trail-MのC0ステッピングは、Pentium N3000シリーズでCPU/GPUの動作クロックが向上。またCeleron N2000シリーズはメモリ速度を1,066MHzから1,333MHzに引き上げ、一部SKUにおいてGPUクロックを高めた。

 また、WindowsとAndroid向けにI2CとeMMCインターフェイス、Android向けのSDIOインターフェイスによる無線LANカードや、ビデオエンコーダ「Quick Sync Video」と、乱数ジェネレータ「Secure Key」をサポートした。

 Intelは2月にBay Trail-MのB2/B3ステッピングの製造終了を発表していたが、これはC0ステッピングへの布石だった。4月4日現在、IntelのARK Homeで確認できる主要SKUは以下の通り。

SKU Celeron N2820 Celeron N2830 Celeron N2920 Celeron N2930 Pentium N3520 Pentium N3530
出荷時期 2013年/Q4 2014年/Q1 2013年/Q4 2014年/Q1 2013年/Q4
(製造終了)
2014年/Q1
動作クロック 2.13GHz 2.16GHz 1.86GHz 1.83GHz 2.166GHz 2.16GHz
Turbo Boostクロック 2.39GHz 2.41GHz 2GHz 2.16GHz 2.42GHz 2.58GHz
コア数 2 4
キャッシュ 1MB 2MB
メモリ速度 1,066 1,333 1,066 1,333
GPUクロック 313MHz
GPU最大クロック 756MHz 750MHz 844MHz 854MHz 854MHz 896MHz
Quick Sync Video × × ×
Secure Key × × ×

 Bay Trail-DもC0ステッピングに移行するが、SKUはPentium J2900とCeleron J1900/J1800を継続する。ただし、新たにQuick Sync Videoをサポートする。

Bay Trail-MのC0ステッピングのハイライト
Bay Trail-DのSKUは継続するが、新たにQSVをサポート

(劉 尭)