ニュース

Intel、全世界で5%の人員を削減

〜ロイター報道

 ロイター通信は米国時間の17日、米Intelが2014年に全世界で従業員を約5%削減する見通しだと報じた。「必要な事業に合わせた人材調整の一環」だという。

 Intelは米国時間の16日付けで2013年度の決算を発表しており、第4四半期は増収増益となったものの通年では1%の減収、13%の減益となっていた。

 同社では2013年5月に最高経営責任者がポール・オッテリーニ氏からブライアン・クルザニッチ氏に交代しており、モバイル向けSoCで他社製造設備を利用するなど、市場環境の変化に合わせ、これまでにない施策を打ち出してきている。

(若杉 紀彦)