ニュース

スペックコンピュータ、タッチ操作をハードボタンへ割り当てできるゲーム向けAndroid端末

〜7型液晶/Android 4.1搭載

SUPERGAMER俺
8月23日 発売

価格:オープンプライス

 スペックコンピュータ株式会社は23日、タッチ操作を割り当て可能なハードウェアボタンを液晶の左右にレイアウトする7型Android端末「SUPERGAMER俺」を発売した。価格なオープンプライスで、直販価格は16,800円。

 1,024×600ドット表示に対応する7型液晶の周囲に方向キー、L/R1〜3ボタン、X/Y/A/Bボタンなどのハードウェアボタンを装備。各ボタンを押したときに反応するタッチパネル上の位置を指定する「ボタンマッピング」を行なうことで、Android用のゲームを、ゲーム機のコントローラを使っている感覚で楽しめる。アプリストアはGoogle Playに対応。

 主な仕様は、プロセッサがCortex-A9(デュアルコア、1.6GHz、Rockchip RK3066)、メモリ1GB、ストレージ8GB、Android 4.1.1。インターフェイスは、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、前面30万画素/背面200万画素カメラ、Micro USB、Mini HDMI出力、microSDカードスロット、音声入出力、加速度センサーなどを装備。液晶は5点マルチタッチに対応する。

 バッテリは4,000mAhのリチウムイオンで、駆動時間は約6時間。本体サイズは236×120×12.2mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約359g。

 専用の液晶保護シートやポーチ、HDMIケーブルも同時に発売。直販価格はそれぞれ、1,260円、1,050円、840円。

利用イメージ
ボタンマッピングの設定画面

(多和田 新也)