ニュース

PFU、原稿を傷つけずにA3サイズまでスキャンできるドキュメントスキャナ

ScanSnap SV600
7月12日 発売

価格:オープンプライス

 株式会社PFUは、原稿を傷つけずにスキャンできるドキュメントスキャナ「ScanSnap SV600」を7月12日に発売する。価格はオープンプライスで、直販価格は59,800円。

 書写カメラに似たような構造を持つドキュメントスキャナで、A3までの大きな原稿に対応できるほか、本を裁断せずにスキャンできる。書写カメラと大きく異なる点は、ラインCCDを用いている点。このためヘッドが原稿を走査する動作が加わる。

 ヘッドには、高被写界深度レンズ、高指向性LED光源、ライン型CCDセンサーを組み合わせた「Versatile Imaging Technology」を採用。一般的な室内では蛍光灯などの環境光に左右されずに書類をスキャンできる。また、ページめくりを検出するカメラを搭載し、複数ページにわたる書類のスキャンに配慮した。

 ソフト側には「ブック補正」機能を搭載。見開きにしたときに、中央部に発生する膨らみによる歪みを自動的に検出し補正できる。また、スキャン時に本を押さえている指をワンタッチで消去する「ポイント・レタッチ」、スキャン範囲内の複数の原稿を一度にスキャンして後から切り出す「マルチクロップ」機能などを搭載する。

 主な仕様は、光学解像度が218〜285×152〜283dpi(主走査×副走査)、出力解像度がカラー600dpi/モノクロ1,200dpi相当、スキャン速度が3秒/枚。原稿サイズはA3まで、厚みは30mm以下。専用のマットが付属する。

 付属ソフトは、ドライバ「ScanSnap Manager」、JPEG/PDF管理ソフト「ScanSnap Organizer」、名刺管理ソフト「CardMinder」、OCRソフト「ABBYY FineReader for ScanSnap」、家計簿ソフト「やさしく家計簿 エントリー 2 for ScanSnap」、PDF編集ソフト「Acrobat XI Standard」、ファイリングソフト「楽2ライブラリ Smart with Magic Desktop」など。

 インターフェイスはUSB 2.0.対応OSはWindows XP/Vista/7/8。本体サイズは210×156×383mm(幅×奥行き×高さ)、作業スペースは525×484×383mm(同)、重量は3kg。

専用のマットを敷いて利用する
左から見たところ
新聞なども分割切り取りせずにそのままスキャンできる
名刺を複数枚並べてスキャン可能
自動的に原稿を切り分ける「マルチグロップ」
本の歪みを自動的に修正する「ブック補正」
原稿に写った指などを消す「ポイント・レタッチ」
「楽2ライブラリ Smart」の管理画面
名刺管理ソフト「CardMinder」

(劉 尭)