ニュース

インテル、第4世代Coreプロセッサを正式発表

〜新省電力機能を搭載し、モバイル向けはチップセットも1チップ化

LGA1150のHaswell
6月4日 発表

 インテル株式会社は4日、コードネーム「Haswell」こと、第4世代Coreプロセッサを正式発表した。すでに一部のCPUやチップセットは解禁されており、販売も開始されているが、この正式発表で、モバイル向けのプロセッサも追加発表されている。

 Haswellは、第3世代のIvy Bridgeと同じ22nmプロセスを採用し、CPUとGPUコアの基本設計も踏襲するが、CPUではバッファの増量や最適化、GPUについても実行ユニット(EU)の増量、最適化を図ったほか、同社製CPUで初めて電圧レギュレータをパッケージに載せることで、より細かな電力制御を可能にしており、特にグラフィックス性能を向上させながら、システムレベルで徹底的な省電力化を図った。

 また、型番末尾がYとUの製品では、CPUとチップセットまでを初めて1チップ化する。ダイ自体はCPUとチップセットで分離されているが、1つのBGAチップに両者を封止。これにより、従来17W(Uプロセッサ)+3W(チップセット)だったTDPが15Wに、7W(Yプロセッサ)+3Wが6Wに引き下げられる。

 CPU4コア+GT2 GPUコアのモデルで、ダイサイズは177平方mmで、トランジスタ数は14億。

Haswellのダイ
省電力化とグラフィックス性能向上を両立
Y/Uプロセッサはチップセットもチップ上に搭載

 省電力化の要素の1つが、新しいCステートの追加。CPUの稼働/アイドル状況を示すCステートは、従来プロセッサではC0からC6までの段階があったが、新たにほとんどの内部クロックと電圧レールの電源をオフにし、アーキテクチャステートはダイ上に保持、L3キャッシュをフラッシュ、Pcodeを停止、入力電圧を1.6V以下にするC7を追加。

 さらにY/Uプロセッサについては、C8/C9/C10のステートも追加。C8では、C7の状態に加え、残りの内部レールの電源をオフにし、入力電圧は1.2V以下に、PLL電源を完全にシャットダウンし、クリティカルクロック(24MHzクリスタル)で稼働という状態。C9では、C8に加え、入力電圧を0Vに。C10では、C9に加え、入力電圧レギュレータを無効化する。

 より深いCステートに移行すると、復帰にかかる時間も延びるが、マイクロ秒、ミリ秒のレベルであるため、ユーザーがその遅延を体感することはほとんどないという。

 しかし、CPUでここまで徹底した省電力化を行なっても、システムでは他のデバイスが消費する電力の影響が大きいため、思ったほどバッテリ駆動時間が延びない。そこで、インテルでは「パワー・オプティマイザー」と呼ばれる電源管理の新しいフレームワークを導入した。

 これを利用することで、これまで、CPU、メモリ、各種コントローラ、クロックなどデバイスごとの割り込み、スヌープなどのレイテンシ許容値を特定し、その限界値でウォームアップ・ウインドウの時間を決定する。これにより、デバイスごとにばらばらにアクティブ-アイドルの遷移をしていたものを、同じタイミングで行なわせ、システムがより長時間深いアイドルステートを維持できるようにする。

 これらにより、Officeアプリ利用時のバッテリ駆動時間はIvy Bridgeシステムの6.1時間から8.3時間(1.35倍)に、HD動画再生時は6時間から9.1時間(1.5倍)に引き延ばされるという。

C7〜C10までの新しいステートを追加
パワー・オプティマイザーを導入し、各デバイスの割り込みを同期させる
これにより、大幅に電力を削減
ノートPCではバッテリ駆動時間が最大5割延びる

 GPUについては、既報の通り、Intel HD Graphics 4000シリーズ、同5000シリーズ、そしてIntel Iris Graphics 5100とIntel Iris Pro Graphics 5200というブランドのDirecX 11.1対応コアが採用。実行ユニットを増やしたほか、最上位のIris Pro Graphics 5200では、eDRAMをパッケージ上に搭載しバンド幅を向上。これにより、前世代から2倍の性能向上を果たした。なお、Iris Pro Graphics 5200搭載製品は、デスクトップCPUもLGA1150ではなく、BGAパッケージとなり単体では販売されない。

 このほか、複数ディスプレイを1台として扱うコラージュ機能、4K外部出力、DisplayPort 1.2への対応、Quick Sync Videoの』高速化、JPEGとMPEGデコードの高速化、DirectX 11.1/OpenCL 1.2/OpenGL 4.0への対応などが追加されている。

新しい内蔵グラフィックスの特徴
デスクトッププロセッサでは3D性能が最大3倍伸びる

 第4世代Coreプロセッサは6月2日に多くの製品が公開されているが、今回の正式発表に併せて、Irs Pro Graphics 5200搭載の上位モデルや、Y/Uプロセッサが追加で公開された。主な仕様は下表の通り。


i7-4770R
コア/スレッド数 4/8
CPUベース周波数 3.2GHz
最大Turbo周波数 3.9GHz
対応DDR3 1333/1600
L3キャッシュ 6MB
Intel HD Graphics Iris Pro Graphics 5200
GPU最大ダイナミック周波数 1,300MHz
TDP 65W
Wi-Di
AVX
Quick Syncビデオ
vPro/TXT/VT-d/SIPP ×
VT
単価 303ドル

i7-4950HQ i7-4850HQ i7-4750HQ
コア/スレッド数 4/8 4/8 4/8
CPUベース周波数 2.4GHz 2.3GHz 2GHz
シングル最大Turbo周波数 3.6GHz 3.5GHz 3.2GHz
デュアル最大Turbo周波数 3.5GHz 3.4GHz 3.1GHz
クアッド最大Turbo周波数 3.4GHz 3.3GHz 3GHz
対応DDR3/DDR3L 1600 1600 1600
L3キャッシュ 6MB 6MB 6MB
Intel HD Graphics Iris Pro Graphics 5200 Iris Pro Graphics 5200 Iris Pro Graphics 5200
GPU最大周波数 1,300MHz 1,300MHz 1,200MHz
TDP 47W 47W 47W
vPro
TXT ×
VT-d ×
VT-x
AES-NI
単価 657ドル 468ドル n/a

i7-4650U i7-4550U i7-4500U i5-4350U i5-4250U
コア/スレッド数 2/4 2/4 2/4 2/4 2/4
CPUベース周波数 1.7GHz 1.5GHz 1.8GHz 1.4GHz 1.3GHz
シングル最大Turbo周波数 3.3GHz 3GHz 3GHz 2.9GHz 2.6GHz
デュアル最大Turbo周波数 2.9GHz 2.7GHz 2.7GHz 2.7GHz 2.3GHz
対応DDR3/DDR3L 1600 1600 1600 1600 1600
L3キャッシュ 4MB 4MB 4MB 3MB 3MB
Intel HD Graphics 5000 5000 4400 5000 5000
GPU最大周波数 1,100MHz 1,100MHz 1,100MHz 1,100MHz 1,000MHz
TDP 15W 15W 15W 15W 15W
vPro × × ×
TXT × × ×
VT-d ×
VT-x
AES-NI
単価 454ドル n/a n/a 342ドル n/a

i5-4200U i3-4100U i3-4010U i5-4200Y i3-4010Y
コア/スレッド数 2/4 2/4 2/4 2/4 2/4
CPUベース周波数 1.6GHz 1.8GHz 1.7GHz 1.4GHz 1.3GHz
シングル最大Turbo周波数 2.6GHz 1.8GHz 1.7GHz 1.9GHz 1.3GHz
デュアル最大Turbo周波数 2.3GHz 1.8GHz 1.7GHz 1.6GHz 1.3GHz
対応DDR3/DDR3L 1600 1600 1600 1600 1600
L3キャッシュ 3MB 3MB 3MB 3MB 3MB
Intel HD Graphics 4400 4400 4400 4400 4200
GPU最大周波数 1,000MHz 1,000MHz 1,000MHz 850MHz 850MHz
TDP 15W 15W 15W 11.5W 11.5W
vPro × × × × ×
TXT × × × × ×
VT-d × × ×
VT-x
AES-NI
単価 n/a n/a n/a n/a n/a

(若杉 紀彦)