ニュース

バッファロー、国内初のIEEE 802.11ac対応ルーター発売を予告

〜無線LANで1,300Mbpsに対応

「AOSS2 エアステーション ハイパワー Giga 11ac/n/a/g/b 1300+450Mbps 無線LAN親機」
3月1日 発表

 株式会社バッファローは1日、IEEE 802.11ac(Draft準拠版)に準拠したルーター2機種5製品を近日発売することを発表した。

 IEEE 802.11acは現行の無線LANの上位規格で、最大で1Gbpsを超える高速さなどが特徴となる。周波数帯は、IEEE 802.11a/nなどと同じ5GHz帯を利用するが、これまで11acについては電波法関連規則によって国内での利用の認可が下りていなかったため、規制に反しない範囲で11acの部分的技術を応用した製品などが出るに留まっていた。このたび、3月1日付けで、総務省による11acの認可の目処が立ち、それに合わせバッファローが国内で最初に対応製品の発表を行なった。

 製品化が発表されたのは、最大1,300Mbps対応の「AOSS2 エアステーション ハイパワー Giga 11ac/n/a/g/b 1300+450Mbps 無線LAN親機」およびその2台セットと、最大866Mbps対応の「AOSS2 エアステーション ハイパワー Giga 11ac/n/a/g/b 866+300Mbps 無線LAN親機」およびその2台セットとUSB 2.0子機セット。

 詳しい仕様や、価格、発売日は追って発表される。

(若杉 紀彦)