ソニー、「Xperia Tablet S」の販売を一時停止
〜IPX4防滴を維持できない可能性

10月5日 発表



 ソニーは5日、Androidタブレット「Xperia Tablet S」の一部製品で、IPX4相当の防滴性能を維持できない可能性があると発表した。販売を一時停止し、販売済みの製品は無償で点検、修理を行なう。

 製造上の不具合でディスプレイパネルと本体背面に隙間が生じ、仕様を満たせない可能性があるという。対象製品はXperia Tablet Sシリーズの「SGPT121JP/S」、「SGPT122JP/S」、「SGPT123JP/S」。

 点検、修理の受付は10月下旬開始予定。修理が完了するまでは、水のかかる可能性がある環境での使用を控えるよう呼びかけている。

(2012年 10月 5日)

[Reported by 山田 幸治]