楽天、電子書籍サービスRabooを2013年3月いっぱいで終了
〜サービス開始から13カ月

Raboo端末「UT-PB1」

9月26日 発表



 楽天株式会社は26日、電子書籍販売サービス「Raboo」を2013年3月31日を以て終了すると発表した。

 サービスの終了にともない、既存のユーザーには購入金額の10%に相当する楽天スーパーポイントをプレゼント。また、2013年1月22日までに「kobo Touch」を追加購入するユーザーには、Rabooでの購入金額の40%相当のポイントと、kobo Touchの3,000円割引クーポンをプレゼントする。

 Rabooでのコンテンツの販売は2013年1月22日で終了し、2013年3月31日を過ぎるとコンテンツの再ダウンロードもできなくなる。

 なお、端末の「UT-PB1」は紀伊國屋書店BookWebPlus、BookLive、eBookJapanなどで引き続き利用できる。

 Rabooは、2011年8月に開始されたサービスで、パナソニック製専用端末UT-PB1とソニーの「Reader」で利用できた。一方同社は、2012年7月に新しい電子書籍端末kobo Touchと販売サービス「koboイーブックストア」を立ち上げた。

 kobo発表会で楽天代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏は、何らかの形で今後Rabooをkoboサービスに統合させる予定としていたものの、既存ユーザーへの対応は移行支援に留まり、サービスの統合は果たされない形となった。

(2012年 9月 26日)

[Reported by 若杉 紀彦]