2014年10月2日

2014年10月1日

2014年9月30日

東芝、新デザインの21.5型液晶一体型「dynabook REGZA PC D712」
〜23型はCore i5下位モデル追加

dynabook REGZA PC D712

6月15日より順次発売

価格:オープンプライス



 株式会社東芝は、液晶一体型PC「dynabook REGZA PC」の2012年夏モデルとして、新デザインの21.5型「D712」と、23型「D732」の下位モデルを6月15日より順次発売する。価格はオープンプライス。

●dynabook REGZA PC D712

 dynabook REGZA PC D712は新デザインを採用。従来の1本足スタンドから、左右の足と背面を支えるスタンドのフォトフレームタイプの筐体になり、角が丸いラウンドフォルムになった。キーボードは本体下部に収納できる。色はリュクスホワイト、ダークグリーン、メローボルドーの3色が用意される。

D712 リュクスホワイト D712 ダークグリーン D712 メローボルドー

 新機能として、Webカメラで人を検知しディスプレイの電源を自動制御する「TOSHIBA Active Display OFF」、サラウンド機能「SRS Premium Sound 3D」を追加し、付属のキーボード/マウスが新しくなった。スピーカーはオンキヨー製を継続。

 「D712/T3F」の1モデル3色が用意される。店頭予想価格は11万円台半ばの見込み。

 主な仕様は、Celeron B820(1.70GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、HDD 1TB、Intel HM76 Expressチップセット、DVDスーパーマルチドライブ、1,920×1,080ドット(フルHD)表示対応21.5型ワイド液晶、地デジチューナ、Windows 7 Home Premium(SP1、64bit)、Office Personal 2010を搭載。

 インターフェイスはUSB 3.0×2、USB 2.0×4、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、HDMI入力、ブリッジメディアスロット、100万画素Webカメラ、音声入出力などを備える。

 本体サイズは約522×174〜256×356〜388mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約6.5kg。

●dynabook REGZA PC D732

 dynabook REGZA PC D732は、クアッドコアの夏モデルがすでに発売中で、今回Core i5の下位モデル「D732/T6F」が追加された。店頭予想価格は17万円前後の見込み。本体色はリュクスホワイト、プレシャスブラック、シャイニーレッドの3色。

D732 リュクスホワイト D732 プレシャスブラック D732 シャイニーレッド

 主な仕様は、Core i5-3210M(2.50GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、HDD 2TB、Intel HM76 Expressチップセット、DVDスーパーマルチドライブ、23型フルHD液晶、地デジチューナ、Windows 7 Home Premium(SP1、64bit)、Office Home and Business 2010を搭載。

 インターフェイスはUSB 3.0×4、USB 2.0×2、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、HDMI入力、D4入力、SDカード/メモリースティック対応スロット、100万画素Webカメラ、音声入出力などを装備。ステレオスピーカーはオンキヨー製。

 本体サイズは約562×190×439mm(同)、重量は約9.5kg。

(2012年 6月 11日)

[Reported by 山田 幸治]