ソニー、同社初のUltrabook「VAIO T」シリーズ
〜11.6型と13.3型の2機種

VAIO Tシリーズ13

6月9日 発売

価格:オープンプライス



 ソニーは、「VAIO」シリーズ初となるUltrabook「VAIO T」シリーズを2012年夏モデルとして6月9日より発売する。価格はオープンプライス。

 VAIOシリーズ初のUltrabook準拠のモバイルノートPC。VAIOにはZシリーズなど、13型クラスでハイエンドのシリーズが存在するため、どちらかというとエントリータイプの構成になっている。

 筐体はヘアライン加工を施したアルミのフラットタイプ。側面がくさび形のUltrabookはインターフェイスコネクタが小型のものになったりしているが、VAIO Tシリーズはフラットな筐体のため、フルサイズのミニD-Sub15ピン、HDMI、カードスロット、LAN端子などを採用。変換アダプタなどは必要なく利便性に配慮した。

 独自機能として「Rapid Wake + ECO」機能を搭載。すぐに再開できる機能とスリープ時の消費電力低減機能で、スリープ状態でも約3日でバッテリが切れてしまうことや、その際にデータが保持できないなどの問題を改善するために開発された。液晶を開くと高速に再開、閉じると作業状態を保存し、スリープ状態のバッテリ持続日数も大幅に伸びたという。

 音質向上の機能として、モバイル機器などに搭載してきたスピーカーの音圧を強める「xLOUD」を追加し、自然な音声やクリアな音像の配置を実現するという「Clear Phase」を搭載。このほか、Webカメラに手をかざして動かすとメディア再生やIE9などを操作できるジェスチャーコントロールや、電源OFF時のUSB給電に対応した。

 13.3型は「Tシリーズ13」という名称で、店頭モデルは「SVT13119FJS」の1モデルを用意。店頭予想価格は12万円前後の見込み。

SVT13119FJS

 主な仕様は、Core i5-3317U(1.70GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB(オンボード、最大8GB)、HDD 500GB+キャッシュSSD 32GB、Intel HM77 Expressチップセット、1,366×768ドット表示対応13.3型ワイド液晶、Windows 7 Home Premium(SP1、64bit)、Office Home and Business 2010を搭載。

 本体サイズは約323×226×17.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.6kg。

 11.6型は「Tシリーズ11」。店頭モデルは「SVT11119FJS」の1モデル、予想価格は11万円前後の見込み。

SVT11119FJS

 主な仕様は、Core i5-3317U、メモリ4GB(オンボード、最大8GB)、HDD 500GB+キャッシュSSD 32GB、Intel HM77 Expressチップセット、1,366×768ドット表示対応11.6型ワイド液晶、Windows 7 Home Premium(SP1、64bit)、Office Home and Business 2010を搭載。

 本体サイズは約297×214.5×17.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.42kg。

 バッテリ駆動時間はともに約6.5時間。インターフェイスはUSB 3.0(電源OFF充電)、USB 2.0、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0+HS、ミニD-Sub15ピン、HDMI出力、SDカード/メモリースティック対応スロット、131万画素Webカメラ、音声入出力などを備える。

 アクセサリとして、キャリングケースやキーボードウェアが用意される。

 カスタマイズモデルも用意され、Core i7-3517U(1.90GHz)の上位CPU、6Gbps対応SSDの128GB〜512GB、Windows 7 Professionalなどを選択できる。

(2012年 6月 4日)

[Reported by 山田 幸治]