ソニー、「VAIO Z」シリーズなどモバイルノート春モデル

VAIO Z VPCZ239FJ/B

2月4日より順次発売

価格:オープンプライス



 ソニーは、モバイルノートPCの2012年春モデルを発売する。価格はオープンプライス。

 今回の新モデルは筐体に変更は無く、スペック面の強化や本体色の拡充を行なった。

 写真/動画に関するアプリケーションは、「Picture Motion Browser(PMB) VAIO Edition」から「PlayMemories Home for VAIO」に変更。PlayMemoriesは、2012 International CESで発表された、写真や動画のソフトウェアやクラウドサービス(2012年春提供予定)のブランドで、今回VAIO用のアプリケーションも刷新された。製品の発売日に合わせてアップデートで対応予定。

●VAIO Zシリーズ

 13.1型ハイエンドの「VAIO Z」シリーズは、店頭モデルとして「VPCZ239FJ/B」を2月4日に発売。2011夏モデルからCPU強化のほか、SSD RAIDがSATA 6Gbps対応になり高速化された。店頭予想価格は20万円前後の見込み。

 主な仕様は、Core i5-2450M(2.50GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、SSD 128GB、Intel HM67 Expressチップセット、1,600×900ドット表示対応13.1型ワイド液晶、Windows 7 Home Premium(SP1、64bit)、Office Home and Business 2010を搭載。

 インターフェイスはUSB 3.0(ドック接続兼用)、USB 2.0、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、WiMAX、Bluetooth 2.1+EDR、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、SDカードスロット、メモリースティックデュオスロット、指紋センサー、131万画素Webカメラ、音声入出力などを装備。キーボードはバックライト付き。

 付属のPower Media Dockは従来と同じで、Radeon HD 6650M(1GB)、DVDスーパーマルチドライブを搭載し、USB 3.0やHDMI出力、ミニD-Sub15ピン、Gigabit Ethernetなどを備える。

 バッテリ駆動時間は約9時間。本体サイズは約330×210×16.65mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1,165g。

 カスタマイズモデルの「VPCZ23AJ」は、新色としてシルバーが追加。また、選択可能なCPUがCore i7-2640M(2.80GHz)などに強化された。

●VAIO Sシリーズ

 フラットな筐体の「VAIO S」シリーズは、15.5型「SE」シリーズ2モデル、13.3型「SB」シリーズ3モデルを店頭販売。それぞれ直販モデルが用意され、13.3型のハイスペック版「SA」シリーズも発売する。


 SEシリーズは従来の1モデルから2モデルに増え、BD搭載の上位機種、シルバーの下位モデルに拡充。CPUやWebカメラが強化された。

VPCSE29FJ/B VPCSE28FJ/S

 上位「VPCSE29FJ/B」は、Core i7-2640M(2.80GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、HDD 750GB、Radeon HD 6470M(512MB、CPU内蔵と切替可能)、BDドライブ、1,920×1,080ドット(フルHD)表示対応15.5型ワイド液晶、Windows 7 Home Premium(SP1、64bit)、Office Home and Business 2010を搭載。本体色はブラック。発売は2月4日、店頭予想価格は16万円前後の見込み。

 下位の「VPCSE28FJ/S」は、CPUをCore i5-2450M、光学ドライブをDVDスーパーマルチドライブ、本体色をシルバーに変更した構成。発売は2月4日、店頭予想価格は13万円前後の見込み。

 インターフェイスはUSB 3.0、USB 2.0×2、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、WiMAX、Bluetooth 2.1+EDR、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、SDカードスロット、メモリースティックデュオスロット、131万画素Webカメラ、指紋センサー、音声入出力などを装備。キーボードバックライトを内蔵する。

 バッテリ駆動時間は約6.5時間。本体サイズは約380×255.9×24.5mm(同)。重量はBD搭載モデルが約2.04kg、DVD搭載モデルが約1.99kg。

 VPCSE29FJ/Bは標準でBDドライブを搭載したので、裸眼3Dパネルのオプションを装着可能になった。


 SBシリーズは従来の2モデルから3モデルになり、Windows 7 Professionalを標準搭載する店頭モデルが追加された。このほか、CPUを強化した。

VAIO SB VPCSB49FJ/B、VPCSB48GJ/B

 上位の「VPCSB49FJ/B」は、Core i5-2450M、メモリ4GB、HDD 750GB、Intel HM65 Expressチップセット、Radeon HD 6470M(512MB、CPU内蔵と切替可能)、BDドライブ、1,366×768ドット表示対応13.3型ワイド液晶、Windows 7 Home Premium(64bit)、Office Home and Business 2010を搭載。発売は2月18日、店頭予想価格は16万円前後の見込み。

 中位の「VPCSB48GJ/B」は、上記からHDDを640GB、光学ドライブをDVDスーパーマルチドライブ、OSをWindows 7 Professional(SP1、64bit)に変更した構成。店頭予想価格は15万円前後の見込み。

 下位の「VPCSB47FJ/B」(ブラック)、「VPCSB47FJ/W」(ホワイト)、「VPCSB47FJ/P」(ピンク)は、Core i3-2350M(2.30GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、HDD 640GB、Radeon HD 6470M、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 7 Home Premium、Office Home and Business 2010などを搭載。発売日は未定で、店頭予想価格は13万円前後の見込み。

VAIO SB VPCSB47FJ/W VAIO SB VPCSB47FJ/P

 インターフェイスはUSB 3.0×1、USB 2.0×2、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、WiMAX、Bluetooth 2.1+EDR、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、SDカードスロット、メモリースティックデュオスロット、31万画素Webカメラ、音声入出力などを装備。キーボードバックライトを内蔵する。

 バッテリ駆動時間は、Core i5搭載モデルが約8時間、Core i3搭載モデルが約8.5時間。本体サイズは約331×224.5×23.9mm(同)。重量はBD搭載モデルが約1.76kg、DVD搭載モデルが約1.72kg。


 1,600×900ドット表示対応13.3型ワイド液晶を搭載するSAシリーズは、カスタマイズモデル「VPCSA4AJ」を2月4日に発売。新オプションとして、容量1TBのHDD、Core i5-2450Mが追加された。

●VAIO Yシリーズ

 11.6型「VAIO Y」シリーズは、店頭向けのAMDモデル「YB」シリーズを発売予定。発売日は未定。カスタマイズの「YA」シリーズは継続販売となる。

 YBシリーズは「VPCYB49KJ/S」(シルバー)、「VPCYB49KJ/P」(ピンク)、「VPCYB49KJ/G」(グリーン)の1モデル3色を発売。従来からHDD容量を強化した。店頭予想価格は9万円前後の見込み。

VAIO YB VPCYB49KJ/S VAIO YB VPCYB49KJ/P VAIO YB VPCYB49KJ/G

 主な仕様は、AMD E-450(1.65GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ2GB、HDD 640GB、AMD A50M FCHチップセット、1,366×768ドット表示対応11.6型ワイド液晶、Windows 7 Home Premium(SP1、32bit)、Office Home and Business 2010を搭載。

 インターフェイスはUSB 2.0×3、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、SDカードスロット、メモリースティックデュオスロット、31万画素Webカメラ、音声入出力などを備える。

 バッテリ駆動時間は約5.5時間。本体サイズは約290×202.8×25〜31.5mm(同)、重量は約1.46kg。

(2012年 1月 25日)

[Reported by 山田 幸治]