VIA、Eden X2搭載のコンパクト自作キット「ARTiGO A1150」
〜本体サイズ146×99×52mm

ARTiGO A1150

11月22日(現地時間) 発表



 台湾VIA Technologiesは22日(現地時間)、CPUにEden X2を搭載するコンパクトなPC自作キット「ARTiGO A1150」を発表した。

 本体サイズが146×99×52mm(幅×奥行き×高さ)とコンパクトなPC自作キット。マザーボードはPico-ITXフォームファクタ。同社は次世代の超コンパクトデスクトップを試したいエンスージアスト向けと位置付けている。

 CPUはデュアルコアのEden X2 1GHzを搭載。チップセットはVX900Hで、ビデオ機能としてChrome 9 HDを内蔵。3DグラフィックスやMPEG-2、WMV、VC-1、DivX、H.264の再生支援に対応する。

 メモリスロットはDDR3-1066対応SO-DIMM×1、最大容量は4GB。ドライブベイは2.5インチHDD/SSD用が1つ。インターフェイスはUSB 2.0×5、Gigabit Ethernet(VIA VT6130G)、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、音声入出力などを装備。オプションとして、IEEE 802.11b/g/n無線LANモジュール、SDカードスロットが用意される。

 対応OSはWindows XP/7、Linux。電源はACアダプタ。重量は0.6kg(HDD無し)。

フロントはUSB 2.0、音声入出力など 背面にHDMI、ミニD-Sub15ピン、GbEなど
本体内部

(2011年 11月 24日)

[Reported by 山田 幸治]