富士通、液晶を起こすとキーボードが現れるスレートPC

LIFEBOOK TH40/D

6月下旬 発売

価格:オープンプライス



 富士通株式会社は、キーボード付きの10.1型スレートPC「LIFEBOOK TH」シリーズを6月下旬より発売する。価格はオープンプライス。「TH40/D」の1モデルが用意され、店頭予想価格は80,000円前後の見込み。

 厚さ17.4mmの筐体に、キーボードを備えるスレートPC。平らな形状でタッチ操作で使えるほか、液晶部分を起こすとスライドしてキーボードが現れ、ノートPCのような形状でも使用できる。キー配列は日本語87、キーピッチは約16.2mm、キーストロークは約1.4mm。シリーズ名の「TH」の“T”には、タッチ(Touch)、薄い(Thin)、2ウェイ(Two Way)の意味が込められている。

タブレット形状 ノートPC形状

 CPUがAtom Z670(1.50GHz、ビデオ機能内蔵)、チップセットがIntel SM35 Expressの、Oak Trailプラットフォームを採用。バッテリは容量23Whのリチウムポリマー、駆動時間は約6時間。

 そのほかの仕様は、メモリ1GB(最大1GB)、HDD 120GB、1,024×600ドット表示対応10.1型タッチパネル(静電容量式)液晶、Windows 7 Home Premium(SP1)、Office Personal 2010を搭載。

 インターフェイスはIEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 3.0+HS、USB 2.0×2、HDMI出力、SDカードスロット、30万画素Webカメラ、音声入出力などを備える。

 本体サイズは274×188×17.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.1kg。

(2011年 5月 13日)

[Reported by 山田 幸治]