Intel、25nm NANDフラッシュを採用した第3世代のSSD
〜最大容量は600GB

SSD 320

3月28日(現地時間)発表



 米Intelは28日(現地時間)、25nmプロセスの同社製NANDフラッシュメモリを採用した第3世代のSSDとなる「320」シリーズを発表した。

 インターフェイスはSATA 3Gbps止まりとなるが、同社製の25nm MLC NANDフラッシュとコントローラを採用し、X25-Mの後継として第3世代と位置付けられる製品。プロセスルールの縮小により、最大容量600GBを実現し、同時に価格も前世代から約30%引き下げた。

 ラインナップは、40GB、80GB、120GB、160GB、300GB、600GBで、米国での1,000個ロット時のOEM価格は順に、89ドル、159ドル、209ドル、289ドル、529ドル、1,069ドル。

 性能は600GBモデルで、連続読み込みが最大270MB/sec、連続書き込みが最大220MB/sec、4KBランダム読み込みが39,500IOPS、同ランダム書き込みが23,000IOPS。120GBモデルでは、それぞれ270MB/sec、130MB/sec、38,000IOPS、14,000IOPSとなる。

 このほか、128bit AES暗号化機能や、余剰部分を使ってデータの冗長性を高める機能などを搭載する。平均故障間隔は120万時間。

 サイズは2.5インチで厚さは容量によって7mmか9.5mm。80GB、160GB、300GBについては、厚さ5mmの1.8インチモデルも用意される。

(2011年 3月 29日)

[Reported by 若杉 紀彦]