東芝、スティックタイプのSATA SSDモジュール「Blade X-gale」

Blade X-gale 256GB

11月8日 発表



 株式会社東芝は8日、モバイルノートPC向けスティックタイプSSDモジュール「Blade X-gale」を開発し、商品化したと発表した。容量は64GB、128GB、256GBが用意される。

 細長い形状を採用したSATA 3Gbps接続のSSDモジュール。同社のSSDとしては最も薄い製品で、従来のmSATAモジュールと比較して、厚さを42%削減したという。256GBは両面実装タイプで、シミュレーションなどの技術を用いてデータ信号の品質維持、生産時の基板反りを抑制した。

 本体サイズは108.9×24×2.2〜3.7mm(幅×奥行き×高さ)。厚さと重量は、64GB/128GBモデルが2.2mm、9.8g、256GBモデルが3.7mm、13.2g。

 最大データ転送速度はリード220MB/sec、ライト180MB/sec。動作電圧は3.3V。MTTF(平均故障時間)は100万時間。

 アップルの新しいMacBook Airは、Blade X-galeと似た形状のSSDモジュールを採用している。

(2010年 11月 8日)

[Reported by 山田 幸治]