NVIDIA、100ドル台前半のDirectX 11対応GPU「GeForce GTS 450」

「GeForce GTS 450」

9月13日(現地時間)発表



 米NVIDIAは13日(現地時間)、DirectX 11に対応するミドルレンジGPU「GeForce GTS 450」を発表した。標準タイプの米国での実売価格は129ドル。

 GeForce GTX 460をベースとした、ミドルレンジGPU。GeForce GTX 460が1,920×1,080ドットでのゲームを想定しているのに対し、GeForce GTS 450は1,680×1,050ドットでの利用を想定している。

 主な仕様はSP数が192基、グラフィックスクロックが783MHz、シェーダクロックが1,566MHz、テクスチャユニット数が32基、ROP数が16基。同社ではオーバークロック耐性も強いとしており、グラフィックスクロックは860MHz超まで上げられるという。メモリはGDDR5を1GBまで搭載可能で、クロックは3,608MHz、インターフェイスは128bit。

ブロックダイヤグラム

 同社の資料によると、ジオメトリ性能は、GeForce 9600 GT、GeForce GTS 250に対して2倍以上、ゲーム性能はGeForce 9600 GTに対して約2倍、GeForce GTS 250に対して約1.5倍に達する。また、DirectX 11のベンチマークの性能は、競合のRadeon HD 5750に対して、3〜6割高いという。

 プロセスルールは40nmで、トランジスタ数は11億7千万。リファレンスカードの厚さは2スロット。電源コネクタは6ピン×1で、TDPは106W。ディスプレイインターフェイスはDVI-I×2、Mini HDMI。

 また、同社は同日、グラフィックスドライバRelease 260を公開した。このドライバでは特にFermiベースのGeForce 400シリーズの性能が向上。ゲーム性能が1〜3割改善されるという。

 また、マルチディスプレイ向けの設定がやりやすくなり、3D Visionのドライバが統合された。インストーラーも新しくなっている。

(2010年 9月 13日)

[Reported by 若杉 紀彦]