MSI、3D立体視とマルチタッチ対応の一体型PC
〜AMD製GPU搭載

Wind Top AE2420 3D

7月7日(現地時間) 発表



 台湾MSIは7日(現地時間)、3D立体視とマルチタッチ対応の一体型PC「Wind Top AE2420 3D」を発表した。

 3D立体視とマルチタッチを両方実現した一体型PCとしては世界初を謳う。120Hz駆動のLEDバックライト液晶パネルと、独自の無線アクティブシャッターグラス「3D Infinity」で3D立体視を実現した。3Dゲームを立体視できるほか、2Dのビデオを擬似的に3Dに変換する機能を備える。

 ディスクリートGPUとして、Mobility Radeon HD 5730(1GB)を搭載する。アクティブシャッターグラスを利用する3D立体視システムとしては、NVIDIAの3D Visionがメジャーだが、本製品はどのようにしてAMDのGPUで実現したのかは不明。また、リリースの中ではBlu-ray 3Dへの対応も特に謳われていない。

 このほか、USB 3.0や、10Wサブウーファー付きの2.1チャネルスピーカーの搭載なども特徴としている。

 主な仕様は、CPUにCore i5-650(3.2GHz)、メモリ4GB、Intel H55 Expressチップセット、GPUにMobility Radeon HD 5730、1TB HDD、Blu-ray Discドライブ、1,920×1,080ドット表示対応23.6型ワイド液晶ディスプレイ、OSにWindows 7 Home Premium(64bit)などを搭載する。

 インターフェイスは、USB 3.0×2、USB 2.0×4、6in1カードリーダ、eSATA、HDMI入力、ミニD-Sub15ピン、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth、音声入出力などを備える。Windows Media Center対応のリモコン、無線キーボード/マウスが付属する。

 本体サイズは617.2×71.95×461.7mm(幅×奥行き×高さ)。

(2010年 7月 7日)

[Reported by 劉 尭]