バッファロー、2.4/5GHz同時使用可能なハイパワー無線LAN親機正式発表

「WZR-HP-AG300H」

7月上旬 発売
価格:14,280円



●2.4/5GHz帯同時対応のフラグシップモデル「WZR-HP-AG300H」

 株式会社バッファローは、無線LAN親機「AirStation」シリーズのフラグシップモデル「WZR-HP-AG300H」を正式に発表した。

 6月9日に開催された発表会では6月中の発売とされていたが、正式な発売日は7月上旬となり、価格は14,280円。USB無線LAN子機とのセット「WZR-HP-AG300H/U」は8月上旬で、18,690円。

 IEEE 802.11a/b/g/n対応の無線LAN親機で、2.4/5GHz帯の同時利用、11nの300Mbps対応、送受信2本ずつのアンテナによる強力な電波出力、USB端子に接続したHDDの共有、Gigabit Ethernet対応などを特徴とする。

本体前面 本体背面。LAN端子はすべてGigabit Ethrnet対応 USB HDDを接続することでNAS化できる
●手のひらサイズの無線LANアダプタ「WLAE-AG300N」
「WLAE-AG300N」

 また、同じ発表会で公開された、無線LANアダプタ「WLAE-AG300N」も正式発表された。8月下旬発売で、価格は7,770円。2個セットの「WLAE-AG300N/V2」は15,330円。

 2系統のEthernet端子を持つ、IEEE 802.11a/b/g/n対応のユニットで、2.4/5GHzの両帯域に自動切り替えで対応する。TVやHDDレコーダーなどのAV機器に接続することを想定しており、ACアダプタのようにコンセントに直結できるため設置スペースをとらず、TVの電源がOFFになるとスタンバイモードに入る省エネ機能を備える。モデムやルータに接続して親機としても使用できる。

 2個セットの方は、出荷時にペアリング済みで、設定作業なしに親機/子機として使用できる。また、設置された場所が遠く、電波が弱い場合は、もう1台追加することで中継機としても使用できる。設定は本体のAOSS機能を使用するが、手動による設定も可能。

本体上面。電源スイッチがある 本体左側面。FUNCTIONボタンとAOSSボタンがある 本体右側面。RESETスイッチのみ

(2010年 6月 16日)

[Reported by 伊達 浩二]