日立ディスプレイズ、視差バリア方式の3D対応3.1型IPS液晶パネル
〜解像度480×854ドット、タッチパネル機能を追加可能

4月12日 発表



 株式会社日立ディスプレイズは12日、視差バリア方式を採用した3D対応3.1型ワイド液晶パネルを開発したと発表した。

 今回開発した液晶パネルは、左右の目への映像を制御して裸眼での立体視を可能にする視差バリアのパネルに、IPS方式のバリア液晶を採用。従来のバリア液晶は片方の目にしか映像が見えなかったが、IPSバリア液晶では電極構造を工夫し、片方の目への映像とともに、もう片方の目にはごく薄く映像が見えるようにした。これにより、視点を動かした際の映像の二重化を低減し、疲労感を抑えられるという。

 さらに、タッチパネルを追加することも可能としている。

 映像を表示するパネルもIPS方式を採用。主な仕様は、解像度480×854ドット、コントラスト比1,000:1、2D表示時の輝度400cd/平方m、色再現性がNTSC比70%。

視差バリア方式の従来製品と新開発した製品の仕組み

(2010年 4月 12日)

[Reported by 山田 幸治]