Intel、Gulftownこと「Core i7-980X Extreme Edition」を正式発表
〜同じく6コア/32nmの「Xeon 5600」シリーズも

Core i7-980X Extreme Edition

3月17日 発表



 米Intelは17日、コードネーム「Gulftown」こと6コア内蔵のコンシューマ向けCPU「Core i7-980X Extreme Edition」を正式に発表した。同日付けで出荷開始される。1,000個ロット時の単価は90,760円。

 32nmプロセスを採用し、1CPUで6基のコアを内蔵。Hyper-Threading Technologyにも対応し、論理コア数は12となる。動作クロックは3.33GHz、Turbo Boost時は3.6GHz、L2キャッシュは256KB×6、共有L3キャッシュは12MB。TDPは130W。

 CPUソケットはLGA1366、チップセット間のインターフェイスはQPIで、従来のIntel X58 Expressチップセットを利用する。対応メモリはDDR3-1066で、トリプルチャネルアクセスが可能。命令セットはAES-NI、SSE 4.2に対応する。

Core i7-980X Extreme Editionのダイ
チップセットを含めたブロックダイヤグラム

 また、サーバーワークステーション向けとなる「Xeon 5600番台」および「同3600番台」も発表された。

Xeon 5600番台

 Westmere-EPのコードネームで呼ばれていた製品。5600番台はデュアルソケット、3600番台はシングルソケット。基本アーキテクチャはGulftownと共通で、L3は12MB、Hyper-Threading Technologyに対応し、6コアを内蔵する上位モデルでは1PCで24コアを実現できる。

 メモリ周りの仕様はGulftownから異なり、1CPUにつきメモリが1chあたり3枚で計9枚挿せ、DDR3-1333および1.35Vの低電圧モジュールに対応する。ただし、DDR3-1333駆動は1ch 1枚までで、3枚時はDDR3-800駆動となる。

 Xeon 5600番台は、既存の5500番台の後継で、プラットフォーム(マザーボード)は同じものを利用できる。ただし、既存のマザーボードのほとんどは1.35Vメモリに対応せず、およびXeon 5600が対応するセキュリティ技術「Intel Trusted Execution Technology」に必要なTPMを実装していない点は留意が必要。

 各モデルの主な仕様は下表の通り。

プロセッサー・ナンバー コア数 周波数(GHz) TDP(W) Turbo Boost対応 QPIバンド幅(GT/sec) OEM価格(円)
X5680 6 3.33 130 6.4 151,080
X5670 6 2.93 95 6.4 130,820
X5660 6 2.8 95 6.4 110,750
X5650 6 2.66 95 6.4 90,490
E5640 4 2.66 80 5.86 67,590
E5630 4 2.53 80 5.86 50,060
E5620 4 2.4 80 5.86 35,160
X5677 4 3.46 130 6.4 151,080
X5667 4 3.06 95 6.4 130,820
L5640 6 2.26 60 5.86 90,490
L5630 4 2.13 40 5.86 50,060
L5630 4 2.13 40 5.86 50,060
L5609 4 1.86 40 × 4.8 39,970
W3680 6 3.33 130 6.4 90,760

(2010年 3月 17日)

[Reported by 若杉 紀彦]