Microsoft、Windows 7ボリュームライセンスを9月1日より発売
〜リテール版は32bit/64bit両方のメディアが付属

7月13日(現地時間)発表



 米Microsoftは13日(現地時間)、Windows 7の企業向けボリュームライセンスを9月1日より発売すると発表した。

 Windows 7は現在、完成に向けた最終作業中で、7月の後半にも開発が完了する予定。ボリュームライセンスおよびMSDN、TechNetの加入者は、開発完了から数週間後よりWindows 7をダウンロードできるようになり、9月1日にはボリュームライセンスの販売が始まる。

 すでに発表されている通り、リテール向けの発売は10月22日だが、Windows 7をプリインストールしたPCも同日より発売される見込み。リテールパッケージは、Windows Vistaの場合と違い、全てのエディションにおいて、32bitと64bit双方のメディアが同梱される。

 なお、Windows 7 RC(製品候補)版は、2010年7月1日まで利用できるが、製品候補版から製品版へのアップグレードインストールはできない。

(2009年 7月 15日)

[Reported by 若杉 紀彦]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.