日本AMD、オーバークロック専用CPU「Phenom II X4 42 TWKR」をデモ
〜6GHzオーバーの動作を確認

デモの様子

6月30日 開催



 日本AMD株式会社は30日、オーバークロック専用に用意されたCPU「Phenom II X4 42 Black Edition TWKR」を発表。同社オフィスで液体窒素を用いたオーバークロックのデモを行なった。

 このCPUは、Phenom II X4 900番台と中身は同じだが、同社マーケティング本部土居憲太郎氏が「CPUのF1」と表現する通り、この製品は非売品で、オーバークロッカーにより質の高いオーバークロックを試してもらう目的で提供する。

 数量も限定され、全世界で100個弱しか用意されておらず、日本法人ではこの内7個を入手。この内の1つを、7月4日から開催される「Phenom II Black Edition TWKR - OC & Get it! -」と呼ばれるオーバークロック大会の景品として一般ユーザーに提供する。この大会は、Phenom II X4 955 Black Editionを用いてオーバークロックを競うものだが、景品のCPUは優勝者ではなく、参加者の中から抽選で1名に贈られるので、実質Phenom II X4 955 Black Editionのほぼ全ユーザーに入手の可能性が与えられることとなる。

 ちなみに、製品名の42は「4 cores 2GHz」を意味。本製品には規定の動作クロックが定められていないが、初期設定では2GHzで駆動する。また、TWKRはチューニング/調整する人/モノという意味の「Tweaker」に由来し、「トウィーカー」と読む。

日本AMDの土居憲太郎氏 Phenom II X4 42 Black Edition TWKRはCPUのF1。表の通り規定のクロックはない オーバークロックを目的に開発された

 発表に合わせ、日本AMDの本社で実際にオーバークロックするデモが行なわれた。オーバークロックの作業を行なったのはOVERCLOCK WORKSのスタッフで、液体窒素を利用し、CPUを-180℃にまで冷却。短時間ではあったが、4コア全てで6GHzの動作を確認できた。

 この公開デモでは、やや調子が悪く、うまく動いたのは用意した3台の内1台だけだったが、事前のテストでは1コアのみで、6.6GHzの動作にも成功したという。また、Phenom IIは冷やせば冷やすほどクロックが上がる性質を持っており、液体ヘリウムを使えばさらなる高クロック化も可能だという。

 OVERCLOCK WORKSでは同様のデモを7月4日に秋葉原の同社店頭でも行なう。なお、残念なことにテスト中に1つのCPUが壊れてしまったため、現時点で日本で動作するCPUは6個になってしまったとのこと。

CPUの冷却に液体窒素を利用 CPUのコア電圧は最終的に1.35Vから1.675Vにまで上げた ツールを使って1コアごとに倍率を変えてオーバークロック
短時間ながら4コア全てで6GHz駆動に成功した 1コアでは6.3GHzでも動いた その後、おそらく結露が原因でうまく動かなくなってしまった
利用したマザーボードはASUSTeKの「M4A79T DELUXE」 市販品ではないが、きちんとヒートスプレッダにはモデル名が刻印 専用のケースも用意される

(2009年 6月 30日)

[Reported by 若杉 紀彦]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.