2014年9月2日

2014年9月1日

2014年8月30日

NVIDIA、モバイル向け「GeForce 200M」シリーズ
〜DirectX 10.1対応の新アーキテクチャ

GeForce GTS 260M

6月15日(現地時間)発表



 米NVIDIAは15日(現地時間)、モバイル向けGPU「GeForce 200M」シリーズ5モデルを発表した。

 これまで同社のモバイルGPUのラインナップは、最上位がGeForce GTX 280M/260Mで、それ以外はGTS 160M、GT 130M、G110Mシリーズとなっていた。今回の新製品発表により、GTX 280M/260Mはそのまま継続されるが、それ以下に、GTS 260M、GTS 250M、GT 240M、GT 230M、G210Mの5製品が追加される。これで全ラインナップがGeForce 200Mシリーズとなるが、GTX 280M/260Mが既存のG92アーキテクチャを採用しているのとは異なり、新製品は新しいアーキテクチャを採用している。

 このアーキテクチャは40nmプロセスを採用し、同社製品で初めてDirectX 10.1に対応するが、同社は「ハイレベルでは従来のハイエンドデスクトップアーキテクチャをベースとし、バッテリ駆動時間や性能を向上させるため、前世代のマイクロアーキテクチャに調整を施した」と説明するのみで、詳細については情報がない。

 共通の特徴として、同レベルの前世代品と比べ、性能を2倍に引き上げつつ、アイドル時の消費電力を半分に削減。Windows 7やCUDA、HybridPowerのほか、G210M以外はPhysXに、GTS 260MとGTS 250MはSLIにも対応する。各モデルのSP数やクロックは下表の通り。

【表】各GPUのスペック

G210M GT 230M GT 240M GTS 250M GTS 260M
Gigaflops 72 158 174 360 396
SP数 16 48 48 96 96
コアクロック 625MHz 500MHz 550MHz 500MHz 550MHz
SPクロック 1,500MHz 1,100MHz 1,210MHz 1,250MHz 1,375MHz
メモリクロック 800MHz 800MHz 800MHz 1,600MHz 1,800MHz
メモリ 512MB GDDR3 1GB GDDR3 1GB GDDR3 1GB GDDR5 1GB GDDR5
メモリインターフェイス 64bit 128bit 128bit 128bit 128bit
TDP 14W 23W 23W 28W 38W

(2009年 6月 15日)

[Reported by 若杉 紀彦]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2014 Impress Corporation. All rights reserved.