ソニー、VAIO type P用のWindows XPドライバを公開

VAIO type P

6月1日 公開



 ソニーは1日、「VAIO type P」のWindows XPドライバとユーティリティを公開した。対象製品はWindows VistaがインストールされているVAIO type Pで、XPをインストールするにはBIOSのアップデートが必要。

 公開されたドライバとユーティリティで、VAIO type PをWindows XPで動作させられるようになる。XPのインストールには、SP2以降のWindows XPインストールディスク、インストールディスク(DVD)を読める外付けのブート可能な光学ドライブ、ドライバとユーティリティのインストール用外部メディア(DVDやUSBメモリなど)が必要。HDD/SSD上のファイルが消去されるため、データのバックアップも推奨されている。このほか、ドライバとユーティリティのインストールにはWindows XP SP3が必須となっている。

 ダウンロード提供されるドライバとユーティリティは、USBメモリでの有償提供が6月8日より開始される予定。

 ドライバとユーティリティ、Windows XPのOSサポートは、VAIOカスタマーリンクのサポート対象外となる。Windows Vistaに戻す場合には、リカバリディスク作成のため、書き込み可能な外付けDVDドライブが必要。

(2009年 6月 1日)

[Reported by 山田 幸治]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.