ニュース

HP、据え置きでも使える“全部入り”バックパック型ゲーミングPC

OMEN X by HP Compact Desktop P1000

 株式会社日本HPは、バックパック型ゲーミングデスクトップPC「OMEN X by HP Compact Desktop P1000 (P1000-012jp)」を9月14日より発売する。税別直販価格は348,000円から。

 VR HMD利用時、ケーブルなどを気にせずコンテンツを楽しむことを目的に背負うことのできるバックパック型のPC。

 バックパックPCとしてだけでなく、付属のドッキングステーションと接続することでデスクトップPCとしても利用できるのが特徴で、製品にはPC本体とドッキングステーション、背負うためのハーネス、外付けバッテリ×4、バッテリホルダー、バッテリ充電ステーション、330W ACアダプタが付属する。

 なお、ドッキングステーションなしでもPCとして動作するため、PCを持ち寄ってゲームを楽しむLANパーティーPCとしても利用できる。

 HPは、SIGGRAPH 2017にて同様の設計をもった開発/研究者向けPC「HP Z VR Backpack」を発表しているが、こちらはコンシューマを対象としているため、GPUにはオーバークロックされたGeForceを採用する。

 バッテリはホットスワップに対応。映像出力と電源供給、データ通信を1本でまかなえる3in1ケーブルも付属する。ハーネスはPC本体と背中に空間を設けた設計により、熱を伝わりにくくなるよう工夫されている。

 おもな仕様は、Core i7-7820HK(4コア、2.9GHz)、GeForce GTX 1080(GDDR5X 8GB)、Intel HM175チップセット、DDR4-2400メモリ8GB×2、1TB NVMe SSD、OSにWindows 10 Homeを搭載。

 インターフェイスはThuderbolt 3、USB 3.0×4(天面2基/右側面2基)、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2、HDMI、Mini DisplayPort、音声入出力など。音声出力はDTS Headphone:Xに対応する。

 ドッキングステーションはUSB 3.0×6(1基Type-C)、HDMI、DisplayPort、Gigabit Ethernetを備える。

 サイズは本体が240×53×340mm(幅×奥行き×高さ)で、ドッキングステーション装着時が305×130×375mm(同)。重量は本体のみが2.5kg、バックパックキット装着時(バッテリ含)が4.5kg。

ドッキングステーション接続時
バックパックキット装着時
身体とPCを離している
ACアダプタは正方形を採用する珍しい形状