やじうまミニレビュー

持ち運びに便利なマグネット式ケーブルクリップ「cheero CLIP」

〜自在に変形できる汎用性の高さが魅力

やじうまミニレビューは、1つ持っておくと便利なPC周りのグッズや、ちょっとしたガジェットなど幅広いジャンルの製品を試して紹介するコーナーです。
「cheero CLIP」(全色セット)

 「cheero」と言えば、モバイルバッテリで有名だろう。取り分け“ダンボー”のモバイルバッテリを思い浮かべる人は多いかもしれない。今回取り上げるのは、そんなcheeroが販売しているケーブルクリップセットだ。

 ノートPCだけでなく、スマートフォンやタブレットといったモバイルデバイスを普段から活用している人なら、PCとの接続やモバイルバッテリからの充電などのために、USBといったケーブル類を数本は一緒に持ち歩いているのではないだろうか。筆者もそうで、しょっちゅう使うわけではないが、いざという時のために常備している。

 ケーブルを普段から持ち歩くことで、便利なのは良いとして、時に邪魔くさくなる時もある。短いケーブルならそうでもないが、長いものだときっちりと縛っておくなどしておかないとカバンの中でゴチャゴチャしがちで煩わしい。こういった面倒を解決する手段として、ケーブルクリップ系のアクセサリは昔から売られていた。しかし、どちらかと言うと卓上用のものが多く、持ち運びに向いたものは豊富とは言い難い。そんな後者の使い方に好適なのが、このマグネット式クリップ「cheero CLIP」で、そのシンプルさや形状を好ましく思った筆者は早速購入してみた次第である。

 筆者が買ったcheero CLIPは5色セットのもので、Amazon.co.jpでの価格は1,480円だった。単品売りもされているのだが、セット品の方が明らかに単価が安い。構造は単純で、表面はすべりにくいラバー素材を採用し、内部には折り曲げ可能な金属部品が仕込まれている。本来は板状の本体が“くの字形”に曲げられており、その両端に組み込んだマグネットによってケーブルなどを挟み込んで結束するようになっている。

Amazonからこんな状態で届く
色はグリーン、ブルー、ピンク、ブラック、ホワイト
パッケージには4種類の用途の説明。
開封
開いた状態
閉じた状態。磁力はなかなか強い
横から
上から
自分で形を変えられる
重量は1個15gだった

 ケーブルクリップとしての実際の使用感はなかなか良好で、iPhoneに付属していた1mくらいのLightningケーブルを簡単にきっちりとまとめられる。使い方は説明するまでもなく挟むだけ。マグネットはなかなか強力だが、手で簡単に離せる。ただし、ケーブルが太かったり、長すぎたりすると磁石部分がキチンと合わさらずに結束が外れてしまう。とは言え、持ち運び用途でそんな大層なケーブルを使うこともないだろうから、問題になることは少ないだろう。

Lightningケーブル
まとめてみた
1.5mほどの太めのUSBケーブルをまとめてみた
ただし、あまりケーブルのかさが上がると……
簡単に外れてしまう
強引に2つのクリップでまとめてみた
筆者のカバンの中に入っているケーブル類をまとめた使い方
余ったのでマウスのケーブルまとめてみた
かさばらないケーブルなら2本まとめが可能

 本製品の面白いところは、ケーブルクリップ以外にも利用できる汎用性の高さだろう。メーカー自身がそういった使い方を推奨しており、マネークリップ(使っている人を見たことないが……)、ケーブルホルダー、スマートフォンスタンドなどと、その柔軟さとマグネットを活かしてさまざまな形に変え、ラックなどにくっつけることもできる。

ブックスタンドにくっつけてみた
メモをクリップ
ケーブルホルダーに
ヘッドフォンも支えられる
数枚なら名刺も挟める
公式サイトではスマートフォンのスタンドとして活用する紹介があったが、1つのクリップではあまり安定して置けなかった。2個使えば問題ない。残念ながらタブレットを支えるのは無理

 持ち運び用のケーブルクリップとして、気軽に買える値段の本製品。ケーブルクリップ以外にも使える汎用性の高さも魅力なので、何となく心を引かれた人は購入してみてはいかがだろうか。

(中村 真司)