NEC「LaVie M」
〜13.3型ワイド液晶搭載のCULVノート



NEC「LaVie M」

発売中

価格:オープンプライス(125,000円前後)



 NECから登場した「LaVie M」は、CULV CPUを搭載したスリムモバイルノートPCだ。CULVノートPCは、日本エイサーやレノボなどからすでに発売されているが、Windows 7の登場に合わせ、東芝やNEC、富士通など、国内大手メーカーも足並みを揃えてCULVノートPCを発表した。CULVノートPCは、ネットブックと通常のモバイルノートPCの間に位置し、ネットブックではスペック的に不満があるが、20万円近いモバイルノートPCは高すぎるというニーズにぴったりの製品である。

 今回は、LaVie Mを試用する機会を得たので、早速レビューする。なお、今回試用したのは試作機であり、細部の仕上げやパフォーマンスなどは製品版と異なる可能性がある。

●上位モデルは4GBメモリを搭載

 LaVie Mは、搭載メモリ容量やOfficeの有無、バッテリ容量などが異なる上位機種の「LM350/VG」と下位機種の「LM330/VH」の2モデルがラインナップされており、LM350/VG、LM330/VHともにボディカラーは、グロスレッド、グロスホワイト、グロスブラックの3色が用意されている。今回試用したのは、上位機種のLM350/VGのグロスホワイトモデルだ。

 LM350/VGのボディのサイズは330×220×27〜30.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.77kgであり、ネットブックや軽量モバイルノートに比べると重いが、持ち運ぼうと思えば十分可能であろう。なお、標準バッテリとしてMバッテリが付属するLM330/VHでは、重量が約1.59kgと軽くなる。ボディデザインはオーソドックスで万人受けしそうであり、光沢仕上げの表面の質感も良好だ。

 LaVie Mは、CPUとして超低電圧版Celeron SU2300(1.20GHz)を搭載している。Celeron SU2300は、CeleronブランドながらデュアルコアのCPUであり、ネットブックに搭載されているAtomなどに比べると、パフォーマンスは格段に高い。標準実装メモリは、上位モデルのLM350/VGは4GB、下位モデルのLM330/VHでは2GBとなっている。プリインストールOSは、Windows 7 Home Premiumであり、ネットブックで採用されているWindows 7 Starterとは、機能的にも一線を画す。チップセットは、グラフィックス統合型のIntel GS45 Expressであり、下位モデルでもWindows 7 Home Premiumを快適に動かせるパフォーマンスを実現している。HDD容量は両モデル共通で320GBであり、こちらも余裕がある。ネットブックの主流は160GBなので、ちょうど2倍ということになる。一般的な使い方なら十分であろう。

LaVie Mの上面。ボディカラーはグロスホワイトである 「DOS/V POWER REPORT」誌とのサイズ比較。奥行きはほぼ同じだが、横幅はLaVie Mのほうがかなり長い
LaVie Mの底面。中央にメモリスロットカバーが設けられている SO-DIMMスロットが2基用意されており、上位モデルでは2GBのSO-DIMMが2枚装着されている

●1,366×768ドット表示の低反射液晶を搭載

 LaVie Mの液晶のサイズは13.3型ワイドで、解像度は1,366×768ドットである。ネットブックでは、1,024×600ドット液晶が主流であり、画面が狭いと感じることがあるが、LaVie Mなら、解像度については一般的なノートPCと比べても遜色はない。スーパーシャインビュー液晶と名付けられた低反射タイプの光沢液晶を採用しており、発色は鮮やかだ。ただし、低反射タイプとはいえ、光沢液晶なので、外光の映り込みが気になることがある。また、バックライトにはLEDバックライトが使われており、省電力化に貢献している。

 キーボードは全87キーで、キーピッチは19mm、キーストロークは3mmと余裕がある。特にキーストロークはかなり深めだ。キー配置も標準的で、不等キーピッチもなく、快適にタイピングが行なえる。BIOSメニューの設定で、Fnキーと左側のCtrlキーを入れ替えることも可能だ。ポインティングデバイスとして、タッチパッドタイプのNXパッドを採用。パッドとパームレスト部分に段差をつけることで、パッドを操作しようとして誤ってスペースキーを打鍵してしまうことを防いでいる。また、手書き入力やマルチタッチ機能、ジェスチャー機能もサポートするなど高機能かつ使いやすいことが魅力だ。

LaVie Mの液晶は13.3型ワイドで、解像度は1,366×768ドットの16:9仕様だ。LEDバックライト採用で、省電力化に貢献している LaVie Mのキーボードは全87キーで、キーピッチは19mm、キーストロークは3mmとゆったりしている。キー配列も標準的で、不等キーピッチもなく、タイピングしやすい ポインティングデバイスとしてタッチパッドを採用。パッドとパームレスト部分に段差がついており、スペースキーを誤って打鍵しないように配慮されている。また、マルチタッチ機能やジェスチャー機能にも対応している

●HDMI端子を搭載、パワーオフUSB充電機能も対応

 LaVie Mでは、インターフェイスとして、USB 2.0×3とミニD-Sub15ピン、HDMI出力、マイク入力、ヘッドフォン出力を搭載している。左側面に用意されているUSB 2.0ポートは、スタンバイ状態やシャットダウン状態などでも電力が供給される「パワーオフUSB充電機能」に対応しているので、iPodなどのUSB給電で充電可能な機器を使う際に便利だ。ミニD-Sub15ピンのアナログRGB出力だけでなく、HDMI出力もサポートしているので、HDMI端子を備えた液晶TVなどに出力できるのも嬉しい。

 また、メモリカードスロットとして、SDメモリーカードスロットを装備。ワイヤレス機能としては、IEEE 802.11b/g/n対応の無線LAN機能とBluetooth Ver2.1+EDRをサポートしている。ただし、独立したワイヤレススイッチは装備しておらず、Fnキーとのコンビネーション操作で、ワイヤレス機能のON/OFFを行なう。

左側面には、ミニD-Sub15ピン、HDMI出力、USB 2.0が用意されている。こちら側のUSB 2.0ポートは、パワーオフUSB充電機能に対応している 右側面には、USB 2.0×2とLANが用意されている パームレスト右側に、各種インジケータ類が用意されている

●大容量バッテリ装着で公称約8.5時間の駆動が可能

 バッテリ駆動時間が長いこともLaVie Mの魅力だ。上位モデルのLM350/VGでは、標準で8セル仕様のバッテリパックLが付属しており、公称約8.5時間の長時間駆動を実現。なお、下位モデルのLM330/VHでは、4セル仕様のバッテリパックMが付属しており、公称駆動時間は約4.1時間である(LM330/VHに、バッテリパックLを装着した場合の公称駆動時間は約8.8時間となる)。バッテリ駆動時間についても、一般的なネットブックの2倍以上であり、満足できる。ACアダプタのサイズや重量は、このクラスの製品としては標準的といえる。

下位モデルのLM330/VHに付属するバッテリパックM バッテリパックMは14.4V/2,900mAhの4セル仕様である CDケース(左)とバッテリパックMのサイズ比較
上がLM350/VGに付属するバッテリパックL。下がLM330/VHに付属するバッテリパックM。両者の外形は同じだ バッテリパックLは14.4V/5,800mAhの8セル仕様である バッテリパックMの重量は、実測で234gであった
バッテリパックLの重量は、実測で411gであった バッテリパックM装着時の本体重量は、実測で1,561gであった バッテリパックL装着時の本体重量は、実測で1,739gであった
ACアダプタのサイズはこのクラスの製品としては標準的だ CDケース(左)とACアダプタのサイズ比較

●Core 2 Duo搭載機に迫るパフォーマンスを実現

 参考のためにベンチマークを計測してみた。利用したベンチマークプログラムは「PCMark05」、「3DMark03」、「FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3」、「ストリーム出力テスト for 地デジ」、「CrystalDiskMark」で、比較対照用に日本エイサー「Aspire Timeline AS3810T」、ソニー「VAIO X」、NEC「LaVie Light BL350/TA」、日本HP「HP Mini 2140 Notebook PC」の値も掲載した。

 PCMark05のCPU Scoreの値は2966で、Atom搭載ネットブックと比べると2倍程度であり、超低電圧版Core 2 Duo SU9400(1.40GHz)を搭載したAspire Timeline AS3810Tの3629に迫っている。チップセットの世代もAtom搭載ネットブックに比べて新しいため、3D系ベンチマークのスコアも高くなっている。もちろん、最新ゲームを遊ぶには力不足だが、Windows 7のAeroも、Atom搭載ネットブックに比べて軽々に動作する。セカンドマシン的に使うモバイルノートとしては、十分な性能であろう。バッテリ駆動時間のベンチマーク結果も7時間26分と長く(LM350/VG標準付属のバッテリパックLの場合)、1日持ち歩いて使う場合でも安心だ。

  LaVie M Aspire Timeline AS3810T VAIO X LaVie Light BL350/TA HP Mini 2140 Notebook PC
(1,366×768ドット液晶)
CPU Celeron SU2300(1.2GHz) Core 2 Duo SU9400(1.4GHz) Atom Z540(1.86GHz) Atom N280(1.66GHz) Atom N270(1.6GHz)
ビデオチップ Intel GS45内蔵コア Intel GS45内蔵コア US15W内蔵コア Intel 945GSE内蔵コア Intel 945GSE内蔵コア
PCMark05
PCMarks 2826 計測不可(エラーが出る) 1248 N/A 1566
CPU Score 2966 3629 1583 1521 1482
Memory Score 3066 3576 2421 2453 2350
Graphics Score 1397 1495 245 N/A 546
HDD Score 4948 5200 3526 8939 5713
3DMark03
1,024×768ドット32ビットカラー(3Dmarks) 2048 1615 365 N/A(1,024×600ドットでは638) 718
CPU Score 495 561 207 N/A(1,024×600ドットでは240) 242
FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3
HIGH 1995 1476 436 N/A 1010
LOW 1367 2172 766 1459 1386
ストリーム出力テスト for 地デジ
DP 76.43 79.33 36.17 31.97 36.9
HP 99.97 99.93 85.5 88.2 75.97
SP/LP 99.97 100 100 99.37 99.97
LLP 99.97 99.97 100 99.93 99.97
DP(CPU負荷) 68 65 78 81 68
HP(CPU負荷) 42 36 78 80 68
SP/LP(CPU負荷) 28 24 59 64 42
LLP(CPU負荷) 22 18 39 38 32
CrystalDiskMark 2.2
シーケンシャルリード 60.31MB/s 66.58MB/s 65.90MB/s 83.31MB/s(Cドライブ)、56.50MB/s(Dドライブ) 未計測
シーケンシャルライト 66.25MB/s 57.82MB/s 38.42MB/s 40.39MB/s(Cドライブ)、54.63MB/s(Dドライブ) 未計測
512Kランダムリード 27.50MB/s 30.32MB/s 63.23MB/s 79.24MB/s(Cドライブ)、31.25MB/s(Dドライブ) 未計測
512Kランダムライト 31.19MB/s 32.58MB/s 3.108MB/s 29.44MB/s(Cドライブ)、31.23MB/s(Dドライブ) 未計測
4Kランダムリード 0.369MB/s 0.452MB/s 4.135MB/s 12.43MB/s(Cドライブ)、0.560MB/s(Dドライブ) 未計測
4Kランダムライト 0.984MB/s 1.147MB/s 1.523MB/s 1.928MB/s(Cドライブ)、1.551MB/s(Dドライブ) 未計測
BBench
Sバッテリ 3時間39分(バッテリパックM) なし 2時間57分 なし 未計測
Lバッテリ(標準バッテリ) 7時間26分(バッテリパックL) 6時間17分 6時間2分 7時間8分
Xバッテリ なし なし 12時間56分 なし

●マシンをときどき持ち歩くという人にお勧め

 LaVie Mには、「デ辞蔵PC」や「家庭の医学」、「血液サラサラ健康事典」などのソフトがプリインストールされているほか、上位モデルのLM350/VGでは、Microsoft Office Personal 2007もプリインストールされている。LM350/VGの店頭予想価格は125,000円前後、LM330/VHの店頭予想価格は95,000円前後とされており、ネットブックに比べると高価だが、パフォーマンスは高く、ネットブックではやや重いと感じる作業も快適に行なえる。やはりデュアルコアCPUのメリットは大きい。常に携帯するのなら、より軽くて薄いVAIO Xがお勧めだが、普段は自宅で使うが、ときどき持ち歩くことがあるという人には、本製品は有力な選択肢となるだろう。

バックナンバー

(2009年 11月 6日)

[Text by 石井 英男]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.