特集

メモリ192bitの高性能ミドルレンジ「GeForce GTX 650 Ti BOOST」ベンチマーク

 NVIDIAは3月26日、Keplerアーキテクチャ採用の新GPU「GeForce GTX 650 Ti BOOST」を発表した。今回、NVIDIAより同GPU搭載のリファレンスボードを借用できたので、ベンチマークテストを用いてその性能を探ってみた。

GK106コアベースのミドルレンジGPU

 GeForce GTX 650 Ti BOOST(以下、GTX 650 Ti BOOST)は、28nmプロセスで製造されたKeplerアーキテクチャベースのGPUコア「GK106」を採用したGPUだ。GTX 650 Ti BOOSTは、同じくGK106コアを採用するGeForce GTX 650 Ti(以下、GTX 650 Ti)と、GeForce GTX 660(以下、GTX 660)の中間に位置することとなる。

 フルスペックのGK106コアは、192基のCUDAコアと16基のテクスチャユニットからなる「SMX」を5基備えているが、GTX 650 Ti BOOSTではこのSMXが1基無効化されているため、GPUが備えるCUDAコアは768基、テクスチャユニットは64基となっている。このユニット数は、下位モデルとなるGTX 650 Tiと同数だ。

 一方、GPUクロックについては、GTX 660と同じ仕様となっており、ベースクロックは980MHz、Boostクロックは1,033MHzで動作する。192bitのメモリインターフェイスや、384KBのL2キャッシュ、1,502MHz動作のGDDR5メモリを備えるなど、メモリ周りについてもGTX 660相当の仕様となっている。

 なお、GTX 650 Ti BOOSTにはメモリ容量の違いで、2GBのモデルと1GBモデルが用意される。販売価格は2GBモデルが169ドル、1GBモデルは149ドルとされている。今回テストを行なうのは2GBモデルだ。

【表1】主な仕様
GeForce GTX 650 Ti BOOST GeForce GTX 650 Ti GeForce GTX 660
アーキテクチャ Kepler (GK106)
プロセスルール 28nm 28nm 28nm
GPUクロック 980MHz 925MHz 980MHz
Boostクロック 1,033MHz 1,033MHz
CUDAコア 768基 768基 960基
テクスチャユニット 64基 64基 80基
L2キャッシュ 384KB 256KB 384KB
メモリ容量 1GB/2GB GDDR5 1GB GDDR5 2GB GDDR5
メモリクロック
(データレート)
1,502MHz
(6,008Mbps相当)
1,350MHz
(5,400Mbps相当)
1,502MHz
(6,008Mbps相当)
メモリインターフェイス 192bit 128bit 192bit
ROPユニット 24基 16基 24基
TDP 134W 110W 140W
GTX 650 Ti BOOSTの主なスペック

リファレンスボードは基板より長大なGPUクーラーを搭載

 今回、NVIDIAより借用したのはGTX 650 Ti BOOSTのリファレンスボードだ。ブラケット部を除けば約173mmという短めの基板には、全長約240mmの大型GPUクーラーが搭載されている。ちょうど、GeForce GTX 670のリファレンスボードと同じような組み合わせだ。

リファレンスボード。コンパクトな基板を大きくはみ出すGPUクーラーを備える
補助電源コネクタは6ピン1系統
ディスプレイ出力端子は、DVI-I、DVI-D、HDMI、DisplayPortを各1系統ずつ

 ベンチマークテストでは、GTX 650 Ti BOOSTの比較対象として、先日掲載したRadeon HD 7790の検証記事より、GTX 650 Ti、Radeon HD 7790(以下、HD 7790)、Radeon HD 7770(以下、HD 7770)のベンチマーク結果を流用した。当然、テストに用いた機材は、HD 7790テスト時と同じものを使用している。

【表2】テスト環境
GPU GTX 650 Ti BOOST GTX 650 Ti HD 7790 HD 7770
CPU Intel Core i7-3770K (3.5GHz/Turbo Boostオフ)
マザーボード ASUS P8Z77-V (BIOS:1805)
メモリ DDR3-1600 8GB×4(9-9-9-24、1.5V)
ストレージ Western Digital WD5000AAKX
電源 Silver Stone SST-ST75F-P
グラフィックスドライバ GeForce 314.21 Driver BETA GeForce 314.21 Driver BETA 12.101.2.1-130313a-154550E-ATI Catalyst 13.3 Beta
OS Windows 7 Professional 64bit SP1
HD 7790搭載ビデオカード「HD 7790 1G GDDR5 PCI-E DL-DVI+DLDVI-D/HDMI/DP DUAL-X OC VERSION」。テスト時はリファレンス相当のクロックに調整している。
HD 7770のリファレンスボード。
GTX 650 Ti搭載のASUS製ビデオカード「GTX650TI-DC2T-1GD5」。テスト時はリファレンス相当のクロックに調整している

DirectX 11対応ベンチマークテスト

 まず、DirectX 11対応ベンチマークテストの結果から紹介する。実施したテストは「3DMark - Fire Strike」(グラフ1、2)、「3DMark 11」(グラフ3、4)、「Unigine Heaven Benchmark 4.0」(グラフ5)、「Stone Giant DX11 Benchmark」(グラフ6)、「Lost Planet 2 Benchmark DX11」(グラフ7)、「Alien vs. Predator DX11 Benchmark」(グラフ8)。

【グラフ1】3DMark - Fire Strike Default / 1,920×1,080ドット
【グラフ2】3DMark - Fire Strike Default / 2,560×1,440ドット
【グラフ3】3DMark11 v1.0.4 Performance / 1,280×720ドット
【グラフ4】3DMark11 v1.0.4 Extreme / 1,920×1,080ドット
【グラフ5】Unigine Heaven Benchmark 4.0 (DX11 / 1,920×1,080ドット)
【グラフ6】Stone Giant DX11 Benchmark
【グラフ7】LostPlanet2 DX11 Benchmark 4x AA / Setting:All High
【グラフ8】Alien vs. Predator DX11 Benchmark 1,920×1,080ドット

 DirectX 11系のベンチマークテストでは、主にCPU性能がスコアに反映される3DMarkのPhysicsスコアを除き、GTX 650 Ti BOOSTが比較製品中最高スコアを記録した。下位モデルのGTX 650 Tiとのスコア差は、極端な差のついた3DMark Fire StrikeのExtremeプリセットを除いても、10〜40%程度と条件によるバラつきが大きい結果となった。

 スコアを確認してみると、「Unigine Heaven Benchmark 4.0」などの結果から、画面解像度の拡大やアンチエイリアシングの適用など、メモリ負荷が高まる設定を適用した際に、GTX 650 Tiとのスコア差が拡大していることがわかる。GTX 650 Tiでは86.4GB/secだったメモリバス帯域が、GTX 660と同等の134GB/secまで強化されたことが、ベンチマークスコアに反映された結果と言えよう。

DirectX 9/10対応ベンチマークテスト

 続いて、DirectX 9世代とDirectX 10世代のベンチマークテストの結果を紹介する。実施したテストは「3DMark Vantage」(グラフ9、10)、「3DMark - Cloud Gate」(グラフ11)、「3DMark06」(グラフ12、13)、「3DMark - Ice Storm」(グラフ14)、「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク ワールド編」(グラフ15)、「PSO2ベンチマーク」(グラフ16)、「MHFベンチマーク 【大討伐】」(グラフ17)、「Lost Planet 2 Benchmark DX9」(グラフ18)、「Unigine Heaven Benchmark 4.0(DX9)」(グラフ19)。

【グラフ9】3DMark Vantage v1.1.0 Performance / 1,280×1,024ドット
【グラフ10】3DMark Vantage v1.1.0 Extreme / 1,920×1,200ドット
【グラフ11】3DMark - Cloud Gate Default / 1,280×720ドット
【グラフ12】3DMark06 v1.2.1 デフォルト / 1,280×1,024ドット
【グラフ13】3DMark06 v1.2.1 1,920×1,080ドット / 8x AA / 16x AF
【グラフ14】3DMark - Ice Storm Default / 1,280×720ドット
【グラフ15】ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク ワールド編
【グラフ16】PSO2ベンチマーク DX9 / 簡易描画設定:5
【グラフ17】MHFベンチマーク【大討伐】DX9
【グラフ18】LostPlanet2 DX9 Benchmark 4x AA / Setting:All High
【グラフ19】Unigine Heaven Benchmark 4.0 (DX9)

 DirectX 11対応ベンチマーク同様、ほとんどのテストでGTX 650 Ti BOOSTが比較製品中最高のスコアを記録しているが、唯一「Lost Planet 2 Benchmark DX9」のみHD 7790の後塵を拝している。このベンチマークテストでは、GTX 650 TiがHD 7770より低いスコアを記録するなど、他のベンチマークテストに比べてGK106搭載製品のスコアが伸び悩んでいることを考えると、ドライバの最適化などに問題がある可能性もありそうだ。

 GTX 650 Tiとの比較では、大半のテストでは30〜40%程度のスコア差をつけており、DirectX 11対応テストに比べてスコア差が拡大している傾向にある。DirectX 9世代のゲームでのパフォーマンスを求めるのであれば、GTX 650 Ti BOOSTを選ぶ価値は十分にありそうだ。

消費電力の比較

 最後に消費電力の測定結果を紹介する。消費電力はサンワサプライのワットチェッカー(TAP-TST5)を利用して、各テスト実行中の最大消費電力を測定した。

【グラフ20】システム全体の消費電力

 アイドル時の消費電力は50W前半でほぼ横並びとなった一方、ベンチマークテスト実行中の消費電力はGTX 650 Ti BOOSTが頭1つ抜けた数値を記録している。GTX 650 Ti BOOSTに続くGTX 650 Tiと比較しても33〜50Wもの差がついている。このクラスの製品としては、この消費電力差はなかなか大きなものと言えよう。

充実するミドルレンジ製品群、価格的な魅力を打ち出せるかがカギに

 以上のテスト結果から、GTX 650 Ti BOOSTはGTX 650 Tiより明確に高いパフォーマンスを実現したGPUであることが分かる。一方、パフォーマンスの向上に伴って消費電力も上昇しており、ワットパフォーマンス自体は悪くないものの、GTX 650 Ti比で最大50W近く高い消費電力を記録した点は気になるところだ。

 GTX 650 TiとGeForce GTX 660の間を埋める製品となるGXT 650 Ti Boostの登場によって、NVIDIAのミドルレンジGPUのラインナップはより充実したものとなる。2GB版が169ドル、1GB版が149ドルで販売されるGTX 650 Ti BOOSTが、15,000〜17,000円程度の価格で国内に登場するなら、性能的にも価格的にも魅力的な存在となるだろう。上位モデルであるGeForce GTX 660に対して、魅力ある価格での登場に期待したい。

(三門 修太)