トピック

マイコンソフト、USB 3.0接続の1080/60p対応ビデオキャプチャ

〜HDMI、ミニD-Sub15ピン、D端子などを装備。スルー出力対応

XCAPTURE-1
7月中旬 発売

価格:オープンプライス

 マイコンソフトは、USB 3.0対応のビデオキャプチャユニット「XCAPTURE-1」を7月中旬に発売する。価格はオープンプライスで、直販価格は34,730円。対応OSはWindows 7/8(32bit/64bit)。

 ビデオ入力信号はDVI(HDMI変換対応)、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)、コンポーネントビデオ(D端子)、Sビデオに対応。480i/480pのSD映像だけでなく、720p/1080i/1080pもサポート。また、USB 3.0の高速転送により1080pでも60fpsのキャプチャが可能。HDCPは対応しない。

 音声入力もサポートし、RCAによるステレオまたはHDMIによるリニアPCM(44kHz/48kHz)に対応する。本体にスルー端子を備えており、分配器などを用いることなくモニタリングしながらキャプチャできる。

 付属アプリケーションは「VideoKeeper2」。IntelのQuick Sync Videoをサポートし、H.264形式録画時のCPU負荷を低減できる。

 なお、動作環境もIntel(Sandy Bridge以降)を推奨しており、USB 3.0のホストコントローラはIntelまたはルネサスのみをサポート。Etron、ASMedia、FrescoLogic、TI、VLI、AMD製USB 3.0ホストコントローラは動作保証をしない。

(劉 尭)