イベントレポート

Sony、クラムシェルにもなる世界最薄/最軽量の10.1型「Xperia Z4 Tablet」

〜ミドルレンジスマートフォン「Xperia M4 Aqua」も

 Sony Mobileは、Mobile World Congress 2015の開催に合わせ、3月2日(現地時間)に記者会見を行ない、10.1型タブレット新モデル「Xperia Z4 Tablet」を発表した。Wi-FiモデルとLTE対応モデルの2モデルが用意される。

 最大の特徴となるのが薄さと軽さで、WQXGA(2,560×1,600ドット)表示対応の10.1型IPS液晶「トリルミナスディスプレイforモバイル」を搭載し、厚さは6.1mm、重量はWi-Fi版が重量389g、LTE対応版が393gと、10.1型タブレットとして世界最薄/最軽量を実現。また、液晶ベゼル幅が従来より狭められ、フットプリントも254×167mm(幅×奥行き)と小型化されており、「Xperia Z2 Tablet」から携帯性が向上している。IP65/IP68準拠の防水/防塵性能も引き続き備える。

 機能面では、ハイレゾ音源の再生に対応するとともに、Bluetoothでハイレゾ相当の高音質サウンドを伝送できる新コーデック「LDAC」にXperiaシリーズとして初めて対応するなど、サウンド面が大きく強化された。また、Xperia Z4 Tabletを装着しクラムシェルスタイルで利用できる専用Bluetoothキーボードをオプションとして用意。回転ヒンジを備え、装着したXperia Z4 Tabletを0〜130度の間で任意に開閉でき、ノートPCのような利用にも対応する。

 プロセッサはQualcomm Snapdragon 810を採用し、メモリは3GB、内蔵ストレージは32GB。カメラは、約810万画素の背面カメラExmor RS for Mobileと、約510万画素の前面カメラを搭載。無線機能は、IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.1に対応。LTE対応モデルがサポートするLTEバンドは、1/2/3/4/5/7/8/12/20。バッテリ容量は6,000mAhで、約17時間の動画連続再生が可能という。OSはAndroid 5.0。本体色は白と黒の2色。

 発売時期は2015年6月以降で、日本を含む世界各国で発売を予定しており、価格は未定。

 同時に、スマートフォンの新モデル「Xperia M4 Aqua」も発表された。こちらは、IP65/IP68準拠の防水・防塵性能を備えるミドルレンジスマートフォン。1,280×720ドット表示対応の5型IPS液晶を搭載し、厚さは7.3mm、重量は136g。カメラ機能は、F2.0の明るいレンズ、ISO 3200での高感度撮影に対応する、1,300万画素のExmor RS for Mobile採用の背面カメラと、88度の広角撮影に対応する500万画素の前面カメラを搭載。ポートレートレタッチ機能などを備える写真編集アプリも用意し、充実したカメラ機能を提供するという。

 プロセッサはQualcomm Snapdragon 615、メモリは2GB、内蔵ストレージは8GB。バッテリ容量は2,400mAhで、約2日間の駆動に対応する。本体サイズは72.6×145.5×7.3mm(同)。

 世界80カ国で2015年春に発売を予定しており、欧州での価格は299ユーロ前後。なお、現時点で日本での発売予定はない。

 このほかに、スマートフォン、タブレット向け周辺機器の新製品もいくつか発表された。現在、記者会見開催中で、詳細は追って更新する。

(平澤 寿康)