イベントレポート

Microsoft、Windows 8.1 Updateを4月8日に公開

〜MSDNでは即日公開。スタートメニュー復活も予定

会期:4月2日〜4日(現地時間)

会場:米国カリフォルニア州サンフランシスコMoscone Center

 米Microsoftは2日(現地時間)、米国で開催中の開発者向けイベント「Build 2014」の基調講演にて、Windows 8.1の大型アップデートとなるWindows 8.1 Updateを4月8日(同)に無償公開すると発表した。また、開発者向けにはMSDNにて2日(同)より公開する。

 Build 2014に先だって、MWCで発表されたとおり、Windows 8.1 Updateでは、カーネルがよりスリムになり、1GBのメモリや16GBのストレージで動作するようになる。また、マウスとキーボードによる操作がより行ないやすくなり、従来のインターフェイスがモダンUIにももたらされた。

 実際の新機能として紹介されたのは、これまでモダンUIで動作していたストアアプリがデスクトップのタスクバーにも現われるようになった。一方、スタート画面では、PCの設定のアイコンのほか、電源ボタンや、検索ボタンが追加。また、スタート画面で右クリックによるコンテキストメニューが追加。例えば、アプリの一覧から、アプリのサムネールを右クリックして、コンテキストメニューからスタート画面やタスクバーに追加できる。

 また、最初の紹介からやや間を置いて、Windows 8で廃止されたスタートメニューが復活し、デスクトップからスタートメニューを呼び出し、アプリを起動できるようになることを発表。また、ストアアプリがデスクトップ上でウインドウ表示できるようになることも明らかにした。

 なお、今回デモされたスタートメニュー付きWindows 8.1のビルドは9600で、その前にデモされたWindows 8.1 Updateと同じものだった。ただし、同社ではスタートメニューについて、「次期バージョンのWindowsについての発表はしないが(中略)、全てのWindows 8.1ユーザーへのアップデートとして提供」という表現をしているため、「Windows 8.1 Update 2」のようなタイミングで実現するものと思われる。

【お詫びと訂正】初出時にスタートメニューの実装時期についてWindows 8.1 Updateのタイミングで、としておりましたが、正しくは、その後のUpdateで実施の予定です。お詫びして訂正させて頂きます。

 このほか、企業向けに、IE11に「Enterprise Mode」が追加され、IE8など古いIE用に作られたサイトを表示/利用できるようになる。

 Build 2014では、Windows Phone 8のアップデートで、今後数カ月で提供開始となる、Windows Phone 8.1の概要も発表。最大の特徴の1つとして、パーソナルデジタルアシスタントとなる「Cortana」が追加。一言で言うと、Google NowとSiriを足したようなものだが、Cortanaを利用して学習された内容のほか、Wi-Fiのパスワードやテーマなどの設定がWindowsとも同期されるようになる。

 基調講演の詳細などは、随時お伝えする。

新しいスタート画面。右上に電源ボタンと検索ボタンが追加
スタート画面にコンテキストメニューが追加。ここから、タスクバーにピン止めしたり、アンインストールやサイズ変更などを行なうことができる
Windows Phone 8.1に追加されるCortana
Cortanaが学習した内容に基づき、IE11ではお勧めサイトなどが下に表示
MSDNでは即日公開
さらに次のアップデートでは、デスクトップにスタートメニューが復活。ストアアプリはウインドウ表示も可能に

(若杉 紀彦)