ニュース

ネットギア、5GHz帯を2バンド利用できる11acルーター

〜2,166Mbps×2+1,000Mbpsで合計5.3Gbpsのスループットを達成

Nighthawk X8 R8500

 ネットギアジャパン合同会社は、IEEE 802.11ac wave2およびトライバンドに対応したハイエンド無線LANルーター「Nighthawk X8 R8500」を5月中旬に発売する。価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格は41,000円前後の見込み。

 5GHz帯を2つ、2.4GHz帯を1つ同時に使用でき、最高速度は合計5.3Gbps(2,166Mbps×2+1,000Mbps)に達する無線LANルーター。世界で初めてアクティブアンテナ技術を採用し、電源の制約により電波の出力を上げられないモバイル機器の弱い電波を確実に受信できる。これにより、高速で広エリアの通信を実現するという。

 また、子機の通信速度に合わせて最適なバンドへ自動に振り分ける「Smart Connect」、移動する子機を追従するビームフォーミング、ビームフォーミング非対応の子機でも強い電波を送信できる「インプリシット・ビームフォーミング」などを搭載。有線LANはGigabit Ethernet×6で、うち2ポートはリンクアグリゲーションによる2Gbps通信に転送、NASやDLNAメディアサーバーを接続することで、複数の子機に同時4K動画ストリーミングを行なったり、高速バックアップをしたりできる。

 1.4GHz駆動のデュアルコアCPU、メモリ512MB、128MBのフラッシュメモリなどを搭載。USB 3.0とUSB 2.0ポートを2基備え、USB HDDを利用した簡易NAS機能やUSB対応のプリントサーバーとして利用できる。簡易NAS機能は、独自の「ReadyCLOUD」により外出先からアクセスできる。このほか、ペアレンタルコントロール、ゲストネットワーク、FTPサーバー、VPNサーバー、DLNAサーバー、Dynamic QoS機能などを搭載する。

 セキュリティはWPS、WPA/WPA2-PSKなどに対応。本体サイズは316×264×61mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1,680g。

(劉 尭)