ニュース

Microsoft、Skylake PCでのWindows 7/8.1サポート期間を1年延長

〜緊急セキュリティアップデートはその後も継続提供

 米Microsoftは18日(現地時間)、先日2017年7月17日までに短縮されることとなった、Skylake PCでのWindows 7/8.1のサポート期間を、2018年7月17までに延長することを決めたと発表した。

 本来Windows 7は2020年1月まで、Windows 8.1は2023年1月まで延長サポートが提供される予定となっているが、Skylake搭載機に限り同社は、旧OSが最新のCPUアーキテクチャに対応しきれておらず、そのための変更をサブシステムに加えると、他の旧CPUプラットフォームのマシンに悪影響を及ぼす可能性があるなどとして、サポート期間を短縮。その代わりに、特定のメーカーの特定の機種に対しては、Windows 10へのスムーズなアップグレードを保証する対策をPCメーカーと行なうとしていた。

 しかし、この件に対してユーザーから強い反発があったものと思われ、同社はサポート期間の延長を決定した。また、2018年7月以降も、Windows 7/8.1搭載Skylake PCに対して、緊急セキュリティアップデートについては、各OSの延長サポート期間まで全て提供していくことも併せて発表した。

(若杉 紀彦)