ニュース

dynabookのバッテリ不具合機種に記載漏れで5機種が追加

〜合計155機種がバッテリ交換対象に

 株式会社東芝は、1月28日に同社製ノートPC 150機種のバッテリ不具合を報告していたが、このほど対象製品の記載漏れが判明し、5機種が新たに加わったことを発表した。

 記載漏れがあったのは下記製品。

  • dynabook R742/F
  • dynabook R742/G
  • dynabook R742/H
  • dynabook Satellite AXW/90M
  • TECRA R940

 東芝はバッテリパック交換対象プログラムの該当製品が拡大したことに伴い、改めて確認を行なうようにユーザーに呼びかけている。

 対象製品かどうかを確認するには、特設サイト(リンク)にアクセスし、「東芝バッテリーチェックユーティリティ」ダウンロードして実行するか、Webフォームに製品型番を入力して調べられるようになっている。

 今回のバッテリ不具合は、パナソニックが製造したバッテリパックで発生しており、東芝以外のメーカーでも同様に回収が行なわれている。

(中村 真司)