ニュース

GALAX、約13%OCを行なったGeForce GTX 960ビデオカード

〜高品質パーツを載せた独自基板を採用

「GF PGTX960/4GD5 EXOC WHITE」

 GALAXY Microsystemsは、GALAXブランドからオーバークロック仕様の独自基板採用ビデオカード「GF PGTX960/4GD5 EXOC WHITE」を発売した。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は30,024円前後の見込み。販売は日本正規代理店の株式会社アユートが行なう。

 GeForce GTX 960のリファレンスカードから約13%ほどオーバークロックしているのが特徴。冷却機構は86mm径のデュアルファンと、8mm厚のヒートパイプ1本、6mm厚のヒートパイプ2本などからなり、静音性を確保しつつ、高クロックが出せるようになっている。4+2フェーズの電源回路、低ノイズシールドインダクタ、大容量積層セラミックコンデンサといった高品質パーツも実装。稼働時にはファン周辺部に組み込まれたホワイトLEDが光る演出を備える。

 主な仕様は、CUDAコア数が1,024基、ベースクロックが1,279MHz(リファレンスは1,127MHz)で、ブーストクロックは1,342MHz(同1,178MHz)。メモリはGDDR5 4GBを搭載し、動作クロックは7,010MHz(同7,000MHz)、バス幅は128bit。

 拡張スロット用インターフェイスはPCI Express 3.0 x16。映像出力インターフェイスは、DisplayPort、HDMI、DVI-D、DVI-I。PCI Express補助電源コネクタは8ピンのみ。

 本体サイズは271×124.3×41.5mm(幅×奥行き×高さ)。

(中村 真司)