ニュース

MetaMoJi、Windows 10対応の手書き日本語変換入力ソフト「mazec」

〜ストアアプリでも動作

「mazec for Windows」

 株式会社MetaMoJiは、Windows 10対応の手書き日本語変換入力ソフト「mazec for Windows」を発売した。オンラインソフトウェア販売のVectorにて年額3,240円で購入でき、販売店舗は今後も拡大予定としている。

 MetaMoJiはWindows用の同類個人向けソフトウェアとして、Windowsストアアプリの「MetaMoJi Note」、「MetaMoJi Share」を販売しているが、今回の「mazec」(マゼック)はデスクトップアプリ、ストアアプリを問わず、ブラウザやOffice上で手書きの文字入力が利用できる。なお、mazecシリーズは法人向けで既に展開されており、ユーザーからの要望が多かったため、個人向けも販売する運びとなった。

 「交ぜ書き変換入力」機能を備えており、漢字/ひらがな/カタカナ/英数字/記号を混在させて書いても正しく変換し、変換候補の自動学習によって変換効率も向上する。任意の単語を登録することも可能。

 動作環境として、タッチパネル式のディスプレイが推奨されており、対応OSはWindows 10/8.1/8/7。ただし、Windows 7のみ64bit版はサポートしていない。

利用イメージ

(中村 真司)