ニュース

Apple、海外版Macの電源プラグに感電の怖れ

〜各国で交換プログラムがスタート

 Appleは、Macで使用されている電源プラグがごくまれに故障を起こし、感電の危険性があることから、交換プログラムを開始したと発表した。

 対象となる電源プラグはヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、アルゼンチン、ブラジル向けに2003年から2015年にかけて出荷された2芯の電源プラグ。日本用プラグは交換プログラムの対象に入っていないが、Appleワールドトラベルアダプタキットは含まれる。

 対象となるプラグの見分け方はAppleのサポートページで公開されており、電源プラグのダックヘッドの内側のくぼみに4〜5文字の記載があるか、文字がまったく書かれていないものが該当しているとのこと。これに対して、問題がない新設計のプラグにはくぼみの中に「EUR」といった3文字の地域コードが記載されている。

 アップルは、もし対象となる電源プラグを所有している場合は、事前に連絡した上でApple Store直営店に持ち込むか、Apple正規サービスプロバイダに交換を依頼して欲しいとしている。

(中村 真司)